学内コンテスト・表彰・奨励金

目標に向かってチャレンジする学生を
さまざまな制度で応援

学生のチャレンジ精神をサポートする制度を設けています。
とくにほかの学生の模範となるような優れた活動には、その取り組みを讃え、奨励金を提供するなどしています。

日頃の学びの成果を発表学内コンテスト

学内コンテスト

こんな
制度が

ビジネスプランコンテスト

ビジネスプラン作成講座の一環として、一般企業社長や大学教員の前で
自分が練り上げたプランを発表し、評価を受けることができます。
2015年度は7作品が入賞を果たしました。

学生研究発表大会

研究成果を学生自身の手で広く発表する機会を作るため、研究報告を目的とした学生研究発表大会を開催しています。
学生研究発表大会はこちら

学生懸賞論文

本学の学部生であれば、誰でも応募できます。
経済学、社会学、経営学、文学、法学、言語学および文化全般に関する論文であることが条件です。
学生懸賞論文募集はこちら

図書館書評賞

読書感想文ではなく、書物の内容を批評・紹介する「書評」。
本学学生の読解力・表現力の向上、また図書館利用の促進を願い設けています。

講演会やイベント実施などを応援正課外活動支援

正課外活動支援

こんな
制度が

正課外活動奨励制度 St. Andrew’s Challenge-Ship

主に公認団体以外で活動している学生・団体を経済的に支援する制度。
学生の自発性や創造性を大切にした本学独自の支援体制です。
認定されると、実施に必要な経費の一部または全額を支援します(原則上限10万円)。

優秀な学生を高く評価表彰

表彰

こんな
制度が

学生表彰

課外活動において優秀な成績を収めた学生・団体、および学術またはその他の活動において
著しく全学の模範となることを行った学生・団体に対して、賞状・報奨金を授与しています。

学部成績優秀者表彰者制度

各学部学生の中から成績優秀者上位3名を各学部長が選考し、卒業式当日に表彰する制度です。
副賞として記念品が贈呈されます。

正課外活動顕彰制度

本学では、さまざまな活動に取り組み、成果を出した学生を表彰する「正課外活動顕彰制度」を設けています。
自薦・他薦を問わず、公認・未公認、団体・個人のいずれであっても申請でき、大学での審査のうえ賞状を授与しています。

努力する学生をバックアップ奨励金

奨励金

こんな
制度が

高度専門職業資格取得奨励金制度

在学中もしくは卒業後に、高度な専門職業資格を取得した場合、本学より奨励金が支給されます。
高度な資格勉強に挑戦する姿勢を本学は高く評価します。
例えば、在学中または卒業後5年以内に、司法試験または司法書士試験を受験し、合格した場合は500,000円を給付します。
卒業後5年を超えて合格した場合は、各100,000円を支給します。
【2014年実績】
司法試験合格…2名
司法書士試験合格…5名
税理士試験合格…5名

法科大学院入学奨励金制度

本学卒業後3年以内に法曹資格取得を目指し、日本国内の法科大学院へ入学した場合、
本学より奨励金(200,000円)が給付されます(2013年度実績1名)。

☆Campus Walk