桃山学院教育大学

学長メッセージ

人間教育を念頭に、
全国トップレベルの教育力を持つ
教育者を育成します。

桃山学院は、キリスト教精神に基づき、1884年に三一小学校(Boys' School)を創設した後、1890年に高等英学校を、1902年には大阪で初となる私立中学校を開校しました。1959年には桃山学院大学を開学。国内外で多様な教育機関と連携し、ネットワークを広げてきた伝統と実績を誇る大学です。わたしたちの桃山学院教育大学は、桃山学院のふたつ目の大学、全国的にも希少な私立の教育大学として、2018年4月から歩み始めます。

桃山学院教育大学がめざす教育は、「ひとりの主体的な人間として育てる」ことです。知識や問題解決力を身につけたとしても、それを使いこなす主体である「人間」を育成していかなくては本当の教育にならないと考えるからです。

「我々の世界」(世の中)を生きる力だけでなく、「われの世界」(その人の独自固有な世界)を生きる力を持つことが人間的な成長であり、次代を支える人材には大切であると考えています。まずはみなさんが身につけ、そして教育者として導いていく児童や生徒に伝えて欲しいと願っています。

そのような使命と役割を果たしていくためにも、教育者という道を歩みながら自分自身の人生が豊かになっていくような下地を桃山学院教育大学で作って欲しいと願っています。

桜が咲き誇る春の丘で、皆さんを待っています。

梶田 叡一

桃山学院教育大学 学長就任予定者

梶田かじた 叡一えいいち

  • 京都大学文学部哲学科卒業
  • 京都大学大学院文学研究科 修士課程修了
  • 京都大学文学博士

主な職歴

大阪大学教授、京都大学教授を経て、

1998年10月 ノートルダム女子大学(現 京都ノートルダム女子大学)学長
2002年4月 学校法人聖ウルスラ学院理事長兼務(現在に至る)
2004年4月 学校法人松徳学院理事長兼務(現在に至る)
2004年12月 国立大学法人兵庫教育大学学長
2010年4月 環太平洋大学学長
2014年4月 奈良学園大学学長

主な社会活動

1989年8月~
1996年7月
大阪府箕面市教育委員会委員(委員長も務める)
1991年11月~
1993年11月
教育職員養成審議会委員/文部省
2000年2月~
2000年12月
教育改革国民会議委員/総理府
2001年2月~
2011年1月
中央教育審議会委員(同審議会副会長、初等中等教育分科会長、教育課程部会長、基本問題部会委員など)/文部科学省
2003年4月~
大阪府私立学校審議会会長(現在に至る)
2011年2月~
2013年1月
中央教育審議会臨時委員(初等中等教育分科会委員、教育課程部会委員、教員養成部会委員)/文部科学省
2013年2月~
2017年1月
中央教育審議会臨時委員(初等中等教育分科会委員)/文部科学省

ページトップへ