桃山学院教育大学×夢ナビtalk

mainimage

本物の教師とは
 

桃山学院教育大学 教育学部 教育学科
鎌田 首治朗 教授

>ミニ講義を見る
[参加者の感想]
  • 教育をこえて、自分の人生についてためになりました。先生の講座をきけたことが夢ナビに来て一番良かったことです!
  • 私は教師になろうとか今は考えてないのですが、教師だけに限らずこれからの人生において、とても重要なことを教えていただきました。 本当にありがとうございました。
  • 教育について理解が深まりました。教師になるのが夢なので、より努力しようと思いました。
  • すごく分かりやすったです。僕は自分の考えを主張するのが苦手だったけれど、これからは自分の意見をはっきり言える人になりたいです。
  • 内容もとても面白かったのですが先生の話し方などがとても人をひきつける感じで素張らしい方だと思いました。
  • 最初の方は話の内容があまり理解できていなかったのが、先生の体験談でしっくりきました。これから人間や教師に人格が求められれば、教育には限界がないなと思いました。
  • 教育とは、自分の人間性が試されると知り、自分のコンプレックスと向き合って自分で自分を応援し、自分みがきをしようと思った。
  • 正解がないことを追求するのは不安が多いことだと思いますが、今の自分について考えることができとても楽しい授業でした。
  • 教育について大切なことが分かりやすくまとめられていて良かった。教師をあまり知らなかったが、この授業をきいて、もっと授業を理解しようと思った。
  • 教師ということはどういうことかなどをしっかり教わることができ、教育学という学問を深く知れて良かったと思った。
  • おもわずメモをとる手を止めて聞きいってしまう、そんなとても有意義な講義でした。聞いていてとても楽しかったです。
  • 教育の世界について、その正解がなく、自分の考えで正解を導くことが重要だと思いました。
  • 先生側に問題があることが考えていたより多くあり、自分の教え子が世間に出た時に自分の意見が言える人になるよう育てられる教師になりたいです。
  • もっと鎌田先生の講義を聞きたいと思った。楽しい30分間だった。
  • 教師は子どもたちを主役にする仕事ということが分かりました。「人生には正解がない」という言葉が印象に残りました。10人中9人は今と違う仕事をしていると聞いて驚きました。
  • 「自分解」を探してみたいです。ありがとうございました。
  • わかりやすくて、夢が広がるような楽しい講議をありがとうございました。僕も人間として1歩成長できたとおもいます!
  • 教育には正解がないので、今から、自分解を見つけれるように、しっかり向き合いたいと思いました。
  • すごく熱心に講義をしていただき、興味がわきました。おもしろかったです!
  • 非常におもしろい授業をありがとうございました!言葉にはできません!
  • とても楽しい講義でした。先生がとてもおもしろく、どんどんひきこまれていきました。
  • これからの自分の生き方を考える良い機会になりました。心と人格を大切に育てたいと思います。
  • とても共感できる講義でした。自分の人生の主役は自分だという言葉に感動しました。心と人格の時代のために、答えだけを求めてはいけないことが分かった。
  • とても引きこまれていく話でした。自分をもつって大事なことだと思ったし、生徒1人1人と全力向き合って信頼される教師になろうと思いました。
  • より、教師へのあこがれが強くなった。先生の話はすごく、ききたくなるような話し方でした!
  • どのお話も、納得できるものばかりで、きいていて、1番楽しかったです。
  • 先生の講義すごく分かりやすかったです。教師になる夢を実現にできるよう自分のコンプレックスと向き合います。
  • 心の時代、人格の時代がくるのではないかと考えたのがすごいなと思いました。教育、人生に正解はないというのが本当に心に響きました。
  • もっとお話をききたいと思いました。しっかり自分をもつことが大切なんだなと思いました。
  • 人生の主役は、自分かいないという言葉が心に残りました。自分の意見をもつことは大切だと思いました。1つ1つの言葉に説得力があっておもしろくて聞きやすかったです。
  • 教育とは、人とかかわる学問で、私たちにとって一番難しく、答えのないものだと改めて感じました。でも、だからこそおもしろいんじゃないかと思えました。ありがとうございました。
  • 教育と教師は自分が思っていたよりずっと深いことが分かり、とてもためになりました。本当にありがとうございました。
  • 今回、鎌田先生のお話を聞かせて頂き、人生に正解はないという言葉に心を打たれました。失敗を恐れずに色んなことに挑戦したいと思いました。
  • 教育というのはいろいろな答えがあることを分かることができる講義でした。まず自分を磨くことが大事なのが分かりました。
  • 先生の話を聞いて教師はただ授業を行うだけでなく正解のない問題にたちむかっていくことの大切をがわかりました。ありがとうございました。
  • とてもおもしろかったです。聞いた講義の中で一番楽しんで見て聴けました。ありがとうございました。
  • めちゃくちゃ面白かったです!子どものことを本当に考えているのだなと感じました。
  • 自分をうけとめるために、コンプレックスと向き合おうと思えた。人にながされないようにしようと思った。
  • メッセージ性が高くて心から話してくれてる気がして心から聞くことができた。
  • 僕が最近考えていたことがたくさん出てきて、なんだか感動しました。ありがとうございました。

>鎌田 首治朗 教授のミニ講義を見る

夢をつかめ!
言葉が未来を切りひらく!

桃山学院教育大学 教育学部 教育学科
湯峯 裕 教授

>ミニ講義を見る
[参加者の感想]
  • 「ことばの持つ力」のすばらしさを学ぶことができました。ぜひ、オープンキャンパスにも参加したいと思いました。
  • おもしろかったし、教育学について、学ぶことができました。私にはみりょくのある大学だと思いました。
  • 学校とは、何か。という事をかなり考えさせられました。そして、答えは1つではなく、何通りもあるという事を、この講義をきいていない人に、伝えたいと思いました。
  • 言葉っていうものは深いなぁと思いました。とくに、寺子屋の話は興味深かったです。
  • 言葉というのは、教育に関わることであると知って驚いた。私も教師になりたいと思っていたので参考になった。
  • 言葉の面白さがよく分かりました。私も最初の頃は小説家になろうと思っていて、今は国語の高校教師になろうと考えているので、教育学というものがどういうものかが分かって良かったです。
  • 先生という職業は、生徒に夢を与えられる仕事だということが良くわかって、先生になりたいと思いました。湯峯先生可愛かったです!オープンキャンパスに行ってみたいなと思いました。
  • 夢ナビのtalkでの「行儀よく座ってたくさんのことを覚えるだけが勉強じゃない」という言葉にひかれて受講しました。おもしろかったです!!
  • 学級崩壊にも意味があるのは驚きました。先生の話を聞いて「言葉」の大切さに気づかされました。教育学部にとても興味がわいてきました。
  • 教育学とはどのようなことなのかをしっかり学ぶことができました。学ぶためには「人」や「言葉」がとても貴重だということも分かりました。
  • 教育学部では何を学ぶのかがよく分かりました。言葉の持つ力について関心を持つことができました。
  • 言葉1つで気持ちが変わる。先生の一言に前向きになれた経験があるので、とても興味深かったです。好きなことを語る先生がとても楽しそうで、私もそんな何か見つけたいです。
  • 分かりやすい講議でしたので、また機会があればもう一度うけたいです。
  • すごい考え方だと思った。逆転の発想を素で行えるのは本当にすごいと思う。
  • 大切なのはものではなく人同士だということがわかりました。ありがとうございました。
  • 同じように見えても見方が変わってだけで別の意味になっておもしろかった。視野を広げられるようになりたいと思った。
  • 将来の夢について深く考えることができた。
  • 言葉によって、同じ絵や写真でも違う雰囲気に感じ、言葉の力は大きいことを実感できました。
  • 先生は失恋から言葉に興味を持ったとおっしゃっていたので、何かに興味をもつきっかけはどんなものでもいいんだなと思いました。
  • 言葉の力の大きさを知ることができた。人によって感じ方は違うので他の人の考えをきくことも重要だと感じた。
  • 言葉によって、イラストや写真、景色など、感じ方や見え方がちがってくるのが面白いと思った。
  • 言葉はいろいろな力がありプラスな言葉を使うだけで気分も上がるぐらいすばらしいことが分かった。
  • もともとそんなに興味のなかった分野でしたが、「あー!たしかに!」と思うことが多くて楽しかったです。
  • 言葉1つで気持ちまで変わるということを知ることができました。ありがとうございました。
  • 同じ言葉でもたくさんの意味をもっていることが分かった。
  • 私達が普段学校にあるものは別になくてもいいものだということを知って「先生」という存在はとても大切だと再認識しました。
  • 言葉が持つ力について、普段私たちが当たり前に使っている言葉には気付きにくいあんなにすごい力があるんだなと思いました。これからは言葉が持つ力をより大切にしていきたい。
  • “言葉”という私たちにとってとても大きな存在であるものについて分かりやすく説明して下さって、とてもおもしろかったです。
  • 素敵な話だった。前向きな気持ちになった。
  • 言葉の大切さを改めて知ることができました。ありがとうございました。
  • 人にとって物言の感じ方、とらえ方が違ってて中々興味があった。教育の仕事につけたらいいなと思いました。ありがとうございました
  • 「言葉には力がある」ということは、『言霊』の考えを通じて知っていましたが、図や絵を見たときに、想像以上に見方が変わった気がしました。有難うございました。
  • 教育学という分野をはじめて詳しく聞き、とても興味深いと思いました。楽しい授業ありがとうございました。
  • 教師や保育士になるために必要なスキルを学ぶことができました。今まで知らなかったスキルや考え方が分かったので、とてもいい経験になりました。
  • 「学校」について考える思いがけないきっかけとなりました。イラストや、江戸時代の寺子屋の絵、先生の実体験を交えた講義はとても楽しかったです。
  • 多くの言葉を学び教育の上でいかせるようにしたいです。
  • 普段なにげなく使っている言葉が考え方にどのような影響を及ぼすのか、とても理解が深まりました。
  • 自分の体験を通して言葉ということの考え方が変わるという今回の講義はとても分かりやかったです。学ぶということについて、とても興味のもてる講義だったと思います。
  • 朝日と夕日のお話がとても面白くて、心の中で「おお!」ってさけんでました(笑)
  • 学級崩壊の全てがいけないことではない理由を知ることができ、“教育”とは何なのか?どのようにすることなのか?という疑問のモヤモヤをはらすことができたので良かったです。

>湯峯 裕 教授のミニ講義を見る

スポーツにおける怪我は
予防できるのか?

桃山学院教育大学 教育学部 教育学科
中村 浩也 教授

>ミニ講義を見る
[参加者の感想]
  • スポーツでのケガの予防について分かった。また、歴学と、教盲学の意外な接点を知ることができた。
  • 予防法は、医学的なものも必要だが教育学も重要になるときいて、共感できた。私は、これからケガしている人の接し方にも配慮したい。
  • ケガの予防の話がとても興味深かった。友達、仲間の存在が次回の予防につながることが重要だったこと。
  • けがをすることには色々な原因があることがわかった。先生の話をきいてとてもおもしろく関心がわいた。
  • これまでにひざやひじ、腰などいろいろと怪我してきましたが、原因に目を向けてきませんでした。その部分を指摘されたようで、とてもよかったです。
  • すごいおもしろい講義でした。スポーツやっていたので共感できるところも多く、改めて仲間の力はすごいと思いました。
  • スポーツにおけるけが、様々な要因があってしてしまうものなんだな、と分かりました。とても分かりやすく、楽しい講義だったので、興味がわきました。
  • スポーツを本格的にやっている自分にとって、非常に大切な事を学ぶことができました。この授業で学んだことを生かし、今後の自分のスポーツ人生を歩んでいこうと思います。(
  • とてもわかりやすかった。教育系の新しい視点が増えた。
  • とても自分にあてはまっていてびっくりした。講義できいた学部は「教育学」だと初めて知った。
  • よくけがをする僕のにはぴったりな講義だった。とてもおもしろく、これからの競技人生に活かしていきたいと思った。
  • 今日のライブの中で一番おもしろかった。話が上手くて聞き入りやすかった。もっと保健やスポーツに興味をもつことができた。
  • 私自身スポーツをしていて、よくケガをするので、この講義に関心をもったのですが、話がとても面白く、ためになることばかりで聞いて良かったと思いました。
  • スポーツにおいてのけがの原因や対処法など知ることができて、とてもためになった。スポーツの世界において仲間の存在は大きいことがわかった。
  • 知りたかったスポーツの怪我の予防法や原因が分かり、とてもためになった。
  • かいこのすごいところが良くわかった特に復眼のところとかはすごくおもしろかった
  • 自分はこのようなことにきょうみがあったのでたのしかった。
  • 笑顔で話してくれてとても聞きやすかったです。
  • 仲間の支えの大切さに気付けた。この話を部活でも広めたい。
  • 人がケガをすることを医療的な面から見るというのを考えたことがありませんでした。
  • 自分はスポーツをしているのでこの先、ケガの予防に対する知識が深まった。少し興味が出た。
  • 自分自身怪我をしてて、これからの怪我の予防について素晴しい内容が聞けて良かったです。
  • 自分もスポーツをやっているので、けがをした後のケアをしれて良かった。
  • 怪我を予防するには身の周りの仲間や先生との関係を良くすることで予防できる事が分かった。
  • 興味深い内容でとても面白いお話でした。ありがとうございました。
  • やっぱり怪我は完全に予防はできないんだなと思いました。けど、確率を下げることは出来るなら、やってみます。
  • スポーツにおけるけがは、自分だけが要因でないことが分かり、チーム力は大事だと思った。
  • わかりやすくためになる構座でした。このことをいかして練習をしていこうと思いました。
  • 僕のいた中学のクラブは、ケガする子が多かったので、これからは、教えてもらった事をもとに、ケガの予防をしていきたいと思いました。
  • 自分自身の怪我について、今一度考えてみようと思いました。
  • 今日学んだことを生かしてスポーツしていく時に気をつけていこうと思いました。
  • 仲間の存在の大切さを学べました!ありがとうございました!
  • スポーツ選手にとって大事なことが、技術、体力、精神力だけではないとわかった。
  • 怪我の予防についてよく知れた。これをこれからの部活動にいかしていきたい。
  • スポーツにおけるけがを予防するには、体の特性を知り、心を開くことが大切だと知りました。
  • すごくおもしろい議議で聞き入ってしまいました。ありがとうございました!
  • 実際にクラブをしていたので、ケガの予防方法を理解できてよかったです。
  • 僕は今まで、“ケガをしたら治るまで待てばいい”と考えていたけど、そのケガを防ぐ方法を教えてくれました。僕は水泳をやっているので、ケガはあまりありませんが、将来役に立つかもしれないと思いました。
  • スポーツにたずさわる仕事もしたいと思ってるのでいい経験になりました。
  • ケガの予防には人間の支えが不可欠だということが分かった。

>中村 浩也 教授のミニ講義を見る