教員名 片平(真鍋) 幸
学位 博士(学術)
メールアドレス katahira
研究室番号 聖アンデレ館7階724号
主な研究業績Researchmap http://researchmap.jp/read0125039
著書: 『日本庭園像の形成』思文閣出版2014年
論文: 片平幸‘Approaching Zen Gardens: A Phenomenological-Anthropological Approach/2003/Analecta Husserliana: The Yearbook of Phenomenological Research (Vol. LXXVIII)/Anna- Teresa Tymieniecka,ed/Kluwer Academic Publishers (69-84pp.) 片平幸「欧米における日本庭園像の形成と原田次郎のThe Gardens of Japan」/2007/『日本研究』第34集/国際日本文化研究センター(179-208)頁 片平幸「日本の庭と欧米人の眼差し-明治期における記述の比較分析」/2009年12月/『国際文化論集』第41号/桃山学院大学国際文化学会編(105-131頁) 片平幸「往還する日本庭園の文化史-ジョサイア・コンドルの日本庭園論の考察を中心に」/2010年1月/『桃山学院大学総合研究所紀要』 第35巻第2号/桃山学院大学総合研究所(33-54頁) 片平幸‘The History of the Perception of Japanese Gardens: Analysis of how their Authenticity was defined through the Discourse’/2010年12月/『国際文化論集第43号/ 桃山学院大学国際文化学会編 (1-31頁)
その他: 学会発表:2009年3月 Popularizing Zen Gardens, Association for Asian Studies (Annual Conference) (アジア研究学会 於シカゴ) パネル”Affection or Rejection? The Inflection of Zen in Modern and Contemporary Popular Culture”     シンポジウム:Japanese Garden West and East, International Conference on Japanese Gardens outside Japan, カリフォルニア州立大学主催シンポジウム(於ロング・ビーチ)[招待講演]
所属学会 明治美術学会、North American Japanese Garden Association
社会活動 2006-2008年度科学研究費補助金 「英米における日本庭園像の変遷:19世紀末~20世紀前半の雑誌と画像の分析を中心に」若手研究(B)(課題番号30414030)(研究代表者:片平幸)