教員名 坂手 恭介
学位 経営学修士(神戸大学大学院経営学研究科博士課程単位取得)
メールアドレス 非公開
研究室番号 聖アンデレ館9階 901号
主な研究業績
論文: 「大学の授業の質的向上の観点からのFD活動のあり方論」(地域活性化を視野に入れた魅力ある講義のプロデュース『上方エンタメ』授業の経験を踏まえて)『桃山学院大学経済経営論集』第51巻1号/桃山学院大学総合研究所、2009年。
「教壇から見たマネジメントの世界-ベスト・プラクティス学から失敗学へ-」Bushiness Research、第1000号、社団法人企業研究会、2007年。     
その他:

「複式簿記の仕組み」(全在紋・朴大栄・谷武幸編著『新版 まなびの入門会計学』第3章)中央経済社、2010年。
「原価構造を読む」(全在紋・朴大栄・谷武幸編著『新版 まなびの入門会計学』第12章)中央経済社、2010年。  

所属学会 日本会計研究学会、日本原価計算研究学会、日本管理会計学会
社会活動 2001年 4月~2006年 3月 中国電力㈱山口支社代表アドバイザー会議委員
2002年 4月~現在 経済産業省「地域新規産業創造技術開発費補助事業」、「地域新生コンソーシアム研究事業」事前評価委員

2004年 4月~現在 社団法人企業研究会参与
2004年 4月~2006年 3月 山口県文化振興財団理事
2004年 4月~2006年 3月 国立大学法人山口大学理事・副学長
2006年 4月~現在 国立大学法人山口大学名誉教授
2007年 7月~現在 山陽小野田市新病院建設構想検討委員

2008年 4月~2010年3月 桃山学院大学副学長