News

2018.7.6お知らせ・イベントキャンパスリポート

第1回 「ひとり暮らしの料理教室」を開催しました

7月5日(木)、家政実習室(介護実習棟)にて、キャンパスコミュニティ形成支援プログラム「ひとり暮らしの料理教室」を開催しました。
教室では、1日に必要とされている野菜350gの量を手にとって実感しました。また、朝食をきちんと摂ると、①体温を上昇させる、②集中力を高める、③排便習慣につながる、などのメリットがあることを学びました。

調理実習では、みそ豚丼、初夏野菜のポトフ、豆腐の白玉団子を作りました。ジャガイモの芽にはソラニンという天然毒素が含まれており食中毒を起こすので、芽をとる方法や、一つの鍋やフライパンでの簡単な調理方法を体験しました。
参加学生からは、「皆が一致団結していた」「いろんな人と話が出来て楽しかった」「美味しくできた」などの感想が寄せられました。

料理教室での楽しい体験が、学生同士の交流の輪を広げ、一人ひとりが食生活を見直すきっかけになることを期待しています。

次回は10月頃の開催を予定しています。この活動に関心のある方は、学生支援課までお問い合わせください。

*キャンパスコミュニティ形成支援プログラムは、学生同士のネットワーク形成・公認団体、サークル加入のきっかけ作りを目的としたプログラムです。

 

ニュース一覧

過去のお知らせ