News

2018.7.31お知らせ・イベントキャンパスリポート

熱中症および落雷対策について

連日、記録的な猛暑が続き、熱中症による健康被害が多数発生しています。
8月2日から本学は夏期休暇となりますが、今後も気温の高い状態が続くと予想されます。熱中症のリスクは依然として高く、屋外での作業や活動には、十分な注意が必要です。

熱中症対策の基本は、①暑さを避ける、②こまめに水分補給をする、の2点です。もし、自力で水を飲めない、あるいは意識が朦朧としてきた場合は、直ちに医療機関への搬送が必要です。

詳細は、厚生労働省「熱中症予防のために」を参照してください。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/0000170795.html

夏期休暇中は生活リズムが乱れがちです。栄養バランスのよい食事と十分な睡眠をとるよう、日頃から心がけてください。

夏場は落雷の危険性も高まります。屋外で活動するときは、特に注意して行動してください。
落雷対策の詳細については、気象庁「雷から身を守るには」を参照してください。
http://www.jma.go.jp/jma/kishou/know/toppuu/thunder4-3.html

学生支援課

ニュース一覧

過去のお知らせ