News

2019.1.24お知らせ・イベントキャンパスリポート

川口厚ゼミが、第1回 4年次生卒業研究発表会および3年次生「世界が変わる体験ゼミ」報告会を実施しました

12月26日(水)に、経済学部の川口厚ゼミ(研究テーマ:教育を通した社会貢献とライフプラン設計)が、第1回 4年次生卒業研究発表会および3年次生「世界が変わる体験ゼミ」報告会を実施しました。

3年次生は「世界が変わる体験ゼミ」の成果を報告し、今回の取り組みを通して来年度の研究活動の推進につながるものとなりました。4年次生は2017年度から取り組んできた研究の集大成を発表する場となりました。本年度は学生発表のみでしたが、次年度は実務家の発表も行う予定です。

また、発表会後には傍聴にお越しくださった小・中学校の教員の方々との交流会がありました。教員の方々からは、「日頃は仕事に追われて、自分の専門分野以外のことを学ぶ機会がとても少ないため、多様なテーマの発表を聞くことができて、とても参考になった」「来年もぜひ参加したいので案内してほしい」とのお声をいただきました。

▼学生の感想
今回の卒業研究を通してより一層の知識をつけることができました。現職の先生方が取り組まれている教科指導などを聞くことができ、今後、私が教諭となった際に取り組んでいきたいと思いました。(社会学部社会学科4年次生 加門翔太)

私はゼミで小中一貫教育について発表を行いました。4年間の総括と考え、一生懸命に取り組み、来ていただいた先生方に色々な様々なアドバイスを頂き、とても良い経験になりました。(社会学部社会学科4年次生 衛藤寛史)

川口ゼミでは、教職課程を履修してるだけでは知り得なかった「教育は学校だけではない」ということを学び、考えさせられることが多くありました。約2年間学んできたことを踏まえ、私の考えや想いを皆様に伝えることができたと思います。(社会学部4年次生 西原愛里)

ニュース一覧

過去のお知らせ