News

2019.6.11お知らせ・イベント

【メディア掲載】韓国の学術誌『地域と歴史』(第44号、2019年4月)に青野正明教授(国際教養学部)の韓国語版著書の書評が掲載されました

韓国の学術誌『지역과 역사』(『地域と歴史』第44号、2019年4月)に青野正明教授(国際教養学部)の韓国語版著書『제국신도의 형성-식민지조선과 국가신도의 논리』(ソミョン出版、2017年)の書評が掲載されました。

本書は『帝国神道の形成—植民地朝鮮と国家神道の論理』(岩波書店、2015年)の韓国語版(標題も同一)で、評者は諸点淑氏(東西大学校東アジア学科副教授)です。

書評は次のような文章で括られています。
「先に言及したように、この本は韓国(人)に示唆するところが大きい。今まで韓国近代史の主流と認識されてきた〈親日-抗日〉という二項対立的な歴史認識をねじ曲げる一つの方法にもなり得る。今後も韓国社会がこのような一国史的な観点を脱ぎ捨て、多様な角度から韓国の近代を眺望することができる研究が切実に要求される。そのような意味で、著者の本が韓国語版として翻訳され韓国の読者と出会えるようになったことは、ありがたい限りである。」(日本語訳=青野)

ニュース一覧

過去のお知らせ