News

2019.9.20お知らせ・イベント

ビジネスデザイン学科は、高大接続と地域貢献を同時に推進する連携協定を締結しました

9月20日(金)、本学の本町BDL(ビジネスデザインラボ)において桃山学院大学ビジネスデザイン学科は、関西初の「21世紀型教育機構」加盟校である香里ヌヴェール学院中学校・高等学校との連携協定ならびに、来年開業50周年、卸売・小売約800店舗が加盟する船場センタービル連盟(大阪市中央区)との連携協定を締結しました。

問題解決型学習(Project-Based Learning)を中心に、予測不可能な未来を生き抜くための高大接続での教育プログラムと、タワーマンションの増加等で人口が急増している大阪市の中心地・本町(船場)の持続可能なまちづくりへ参画します。

2020年度「フィールドワーク(スキル演習)」科目を中心に、高大接続と地域連携を推進します。

【主な協定内容】
▼香里ヌヴェール学院中学校・高等学校と桃山学院大学ビジネスデザイン学科
(1)問題解決型学習(Project-Based Learning)の授業運営および研究での連携
(2)学生・生徒の交流に関すること
(3)その他、高大接続・連携に関して双方が必要と認めること
▼船場センタービル連盟と桃山学院大学ビジネスデザイン学科
(1)「フィールドワーク(スキル演習)」等の授業運営および研究での連携
(2)高大連携に関する授業運営での連携
(3)その他、双方が必要と認める事業

 


▼ビジネスデザイン学科についてはこちらから▼

ニュース一覧

過去のお知らせ