News

2019.9.24お知らせ・イベントキャンパスリポート

経営学部の信夫ゼミが研究調査のために和泉市役所を訪問しました

経営学部の信夫ゼミでは毎年、夏期休暇中にグループワークの調査のため地方自治体や企業を訪問し、専門家の意見をお伺いする機会を設けています。

8月27日(火)午前  和泉市役所を訪問
信夫ゼミの3年次はグループワークにおいて、「食品ロスの解決に向けて」、「空き家と地域活性化」、「キャッシュレスを浸透させる方策」、「伝統工芸のビジネス化」について調べています。
和泉市役所では、それぞれの課題に対して、生活環境課、都市政策課、商工労働室の担当職員の方々から学生の意見にご助言いただき、また和泉市の現状についてもお話いただきました。

以下は、和泉市役所を訪問した信夫ゼミ生の感想です。

<安田太希(経営学部3年次)信夫ゼミ長>
和泉市役所にて、信夫ゼミが参加を予定している日本学生経済ゼミナール大会・全国大会の各グループの課題について、市役所の担当職員の方々と意見交換を行うことができました。各テーマについて、和泉市の実情や企業の現状を実際に知っておられる職員の方々から生の声を聴くことができ、大変勉強になりました。
また、市を管理・維持・発展させるために、実際に取り組むべき施策の取捨選択を行い、適切に業務を行う社会人としての仕事の進め方について学ぶこともできました。
お忙しい中、ご助言や貴重な資料をいただき、ありがとうございました。

「伝統工芸のビジネス化」についてグループの意見を述べる

「空き家と地域活性化」についてグループの意見を述べる

「キャッシュレスを浸透させる方策」についてグループの意見を述べる

「食品ロスの解決に向けて」についてグループの意見を述べる

和泉市の現状と取り組みについてのご説明

和泉市の現状と取り組みについてのご説明

グループごとにフリーディスカッション 

グループごとにフリーディスカッション 

ニュース一覧

過去のお知らせ