教員名 淺田 孝幸
学位 経営学博士
メールアドレス asadaTA
研究室番号 本町BDL 1号
主な研究業績
著書: 1、管理会計の基礎/共/1987年2月10日/中央経済社/溝口一雄編分担/211-238頁
2、業績管理会計の研究/単/1987年7月26日/白桃書房/181頁
3、現代企業の戦略志向と予算管理システム/単/1993年10月/同文館/878頁、
4、戦略的管理会計-キャッシュフローと価値創造の経営/単/2002年9月/有斐閣/227頁
5、プロジェクト・バランス・スコアカード/共/2004年4月/生産性出版/淺田・小原・鈴木編淺田編/196頁(前書き、全体編集)
6、基礎から理解する管理会計/共/2005年8月/東京経済情報出版/分担/3-51頁
7、管理会計入門新版/共/2005年5月/有斐閣/淺田孝幸編:分担者 佐々木郁子他6名)/376頁(担当:2-24、94-116、117-136、344-359)
8、企業間の戦略管理会計/共/2005年4月25日/同文館/淺田孝幸、塘誠、賴誠/169頁(担当31-42、103-114頁)
9、基礎から理解する管理会計/共/2005年8月9日/東京経済情報出版/分担者:淺田、塘誠、賴誠
10、体系現代会計学:業績管理会計「グループ企業の業績管理」/共/2010年9月/中央経済社/編集者兼分担者/担当255-280、1-32頁
11、体系現代会計学:戦略管理会計/共/2011年7月/中央経済社/編集者兼分担者/担当158-168頁
12、インタンジブルズの管理会計「レピュテーションマネジメントが提起する管理会計課題」/共/2012年8月/中央経済社/櫻井通晴編/103-118頁
13、セミナー管理会計/共/2016年4月/税務経理協会/門田安弘編/103-118頁
論文: 1、業積管理会計の一考察-PennoとDyeのモデルからみた情報の非対称性の問題について/単/1985年10月/会計/77-96頁
2、探索行動に関する業積評価システムについて-Joseph Tzurのモデル考察-/単/1985年12月/桃山学院大學経済・経営論集/55-67頁
3、経営戦略と業積評価システムについて-J.Kerrの分析を中心にして-/単/1987年7月/桃山学院大學総合研究所報/1-13頁
4、参加型予算編成と業積測定・評価に関する実証的研究/単/1988年6月/会計/60-67頁
5、An Empirical Study of Japanese and American Budgetary Control Systems/共/1991年4月/International Journal of Accounting,Research and Education,Vol.26,No.2/Jack Bailes and Matt Amano/8-16頁
6、Comparative Study of Corporate Strategy and Budgetary Planning Practices between Japanese and American Multi-Divisional Firms/共/1991年10月/Proceedings in the conference of the Third Asian-Pacific Confenence on  International Issues,Hawaii,October17/Barry Shane and jack Bailes/290-293頁
7、Implementing ABM with Hoshin Management/共/2000年12月/Management Accounting Quaterly,Vol.1,No.2,pp.1-15/Jack Bailes and Kenichi Suzuki/1-15頁
8、The Relationship between Financial Centralization.and Management Accounting:A Survey of Japanese-Based Multinational Enterprises/共/2002年冬期/Asian Pacific Manamement Review,Vol.7,No.1,pp41-60/Tomo,Makoto/41-60頁
9、グローバル企業における財務集中化手法と管理会計/共/2002年6月/日本管理会計学会誌、第10巻第1号、53-62/塘誠/53-60頁
10、環境配慮型製品開発を促進させる戦略的マネジメントコントロールに関する研究/共/2005年5月/日本管理会計学会誌、第14巻第1号/山根里香
11、事業創造のための戦略的提携による組織間プロジェクトの生成/共/2006年3月/国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌、第Ⅰ巻第2号,227-283/三浦徹志/277-283頁
12、P2Mによる環境配慮型SCMの展開に関する理論的考察/共/2009年9月/国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会誌、第4巻2号/山根里香/39-49
13、持株会社本社の統治力としての求心力とは何かーその基礎としてのMCSの一考察/共/2012年3月/メルコ管理会計研究/塘誠、賴誠/15-30頁
14、Reputation Management and Related Models:The Goal of Fostering Reputation/単/2013年10月/Journal of Strategic Management Studies/15-26頁
15、ダイキン工業株式会社の欧州事業とマネジメント・コントロールシステム/共/2013年11月/The Management Society of Hiroshima University Discussion Paper,No.33/キムジェウク・三浦徹志/1-18頁
16、統合報告の意義と課題/単/2013年4月/オイコノミカ(名古屋市立大学経済学部)49巻(1/2号)/20-38頁
17、統合報告の導入とグローバル企業の課題:グローバル日本企業の多元的なガバナンスとその戦略/単/2014年7月/ビジネスリサーチ/60-67頁
18、The Effect of Management Maturity Levels on Interorganizational Management in Vlue Chain Relations/共/2016年6月/Journal of Modern Accounting and Auditing,Vol.12,No.2/Jaewook Kim,and Hirohisa Hirai
19、新たなグローバル時代の戦略経営とマネジメントコントロール/共/2016年6月/企業会計/塘誠/17-24頁
その他:

 

所属学会 日本管理会計学会、日本原価計算研究学会、国際プロジェクト・プログラムマネジメント学会、日本会計研究学会
社会活動 1999年4月1日 財団法人情報処理開発協会 EDI検討委員会委員長(2000年3月まで)
2004年11月 公認会計士2次試験委員(2007年11月まで)
2007年4月 科学研究費専門審査委員(2009年3月まで)
2013年4月 ABEST21(マネジメント人材育成協議会)経営大学院評価委員(2017年12月現在)