教員名 篠原 千佳 Chika Shinohara
学位 Ph.D. (Sociology)   
メールアドレス shinohc
研究室番号 聖アンデレ館6階 614号
主な研究業績
著書:
  • 『グローバル現代社会論』(2018年/文眞堂/山田真茂留(編)/pp.209-221「グローバルなつながりと市民権」)
  • The Blackwell Encyclopedia of Sociology (2018/ Wiley Online Library/G.Ritzer ed./ https://doi.org/10.1002/9781405165518.wbeos1191/ “Health and Globalization”)
  • The Decade of the Great War: Japan and the Wider World in the 1910s (2014[2015]/ Brill/T. Minohara,et al.eds./pp.323-348“Gender and the Great War: Tsuda Umeko's Role in Institutionalizing Women's Education in Japan”)
  • Advances in Gender Research 13 (2009/Emerald/V. Demos and M. T. Segal, eds./pp.267-309“How Did Sexual Harassment Become a Social Problem in Japan? The Equal Employment Opportunity Law and Globalization”)
論文:
  • “Rural Farmers in an Unequal World: Land Rights and Food Security for Sustainable Well-being”(with S. Charoenratana/2018/Land Use Policy 78: pp.185-194)
  • “Health-care Work in Globalization: News Reports on Care Worker Migration to Japan”(2016/International Journal of Japanese Sociology 25(1): pp.7-26)
  • 「和泉市におけるがんケアの課題 -医療と介護の現場事例より-」(共著者 川井太加子・根本嘉昭/2015年/『総合研究所紀要』40(3):pp.215-299)
  • “Inequalities and Disparities in Globalised Asia”(with K. Hasegawa/2011/Asian Journal of Social Science 39(1): pp.5–8)
  • “Sexual Harassment Comes of Age: A Comparative Analysis of the United States and Japan”(with C. Uggen/2009/The Sociological Quarterly 50(2): pp.201-234)
  • “Global Pressure, Local Results: The Impact of CEDAW on Working Women in Japan”(2009/Journal of Workplace Rights 13(4): pp.449-471)
  • “Sexual Harassment: The Emergence of Legal Consciousness in Japan and the US”(with C. Uggen/2009/The Asia-Pacific Journal Vol.7, 31-2-09)
  • “The Effect of‘Social Expectation’on the Development of Civil Society in Japan” (with K. Hasegawa and J. Broadbent/2007/Journal of Civil Society 3(2): pp.179-203)
  • “Volunteerism and the State in Japan”(with K. Hasegawa and J. Broadbent/2007/Japan Focus Vol.5, 12-0-07).
その他:
  • 「日本の社会学者の国際経験とキャリア形成」「グローバル化と社会学者のキャリア」「東アジアにおける社会学者の国際経験とアカデミック・キャリア」(共著者 菊澤佐江子・細萱伸子/2018年/『日本の社会学の国際化から日本におけるグローバル社会学へ』成城大学研究機構室、矢澤修次郎(編)/pp.149-156, pp.181-192,pp.193-202)
  • Book Review:“Single Mothers in Contemporary Japan: Motherhood, Class, and Reproductive Practice (Lexington Books, 2016) by Aya Ezawa”(2017/Contemporary Sociology: A Journal of Reviews 46(6):pp.667-669)
  • 「「社会学の国際化」ISA調査結果の分析」(2016年/『グローバルな知的共同体の形成を媒介とする日本の社会学の国際化』成城大学社会イノベーション学部、矢澤修次郎(編)/pp.167-168)
  • 「世界社会学会議組織委員会の活動を通して」(2015年/『日本の社会学の国際化加速に向けて—2014年世界社会学会会議横浜大会の経験—』京都大学大学院文学研究科社会学研究室 伊藤公雄(編)/pp.102)
  • 「日本とインドネシアにおける経済連携協定(EPA)と 看護・介護福祉に対する社会意識調査—日・イ両社会のEPAケア・ワーカーとその制度への視点—」(2014年/『2013年度日本経済センター奨励研究報告書』/共同研究)
  • 「日本とインドネシアにおける経済連携協定 (EPA)看護・介護福祉に対する社会意識調査」(2013年/『平成24年度社会福祉振興関係調査助成研究報告書』/共同研究)
  • Book Review:“Lovesick Japan: Sex, Marriage, Romance, Law (Cornell University Press,2011) by Mark D. West” (2013/Law & Society Review 47(1): pp.240-42)
  • 『東アジアにおける配偶者からの暴力の加害者更生に関する法制度調査研究』(日本内閣府/2008年内閣府委託研究/日本リサーチセンター内研究員として、中国・韓国・タイ・ミャンマー担当)
所属学会 American Sociological Association、日本社会学会、International Sociological Association、Law and Society Association、数理社会学会
社会活動 2009年~2012年 日本社会学会 国際交流委員
2012年~2015年 世界社会学会議組織委員 (ISA LOC)
2014年~2015年〔平成26年度〕 大阪府和泉市 外部評価委員
2015年~2016年〔平成27年度〕 大阪府和泉市 公共事業の事業評価手続等に係る審議委員
2015年~2019年 日本社会学会英語誌IJJSの編集委員(2017年-2019年発行誌)
2014年~現在 Advances in Gender Researchシリーズ(Emerald)の編集顧問委員