About
桃山学院大学教育後援会 会長挨拶   

去る7月20日(土)、桃山学院大学において、今年度の教育後援会定期総会が開催され、その席上、皆様からのご推挙により、引き続き2019年度の会長の重責を担うこととなりました。身にあまる大役を仰せつかり、その責務の重大さをあらためて痛感いたします。本年度は、3年目となりますが、この1年間、引き続き、桃山学院大学と本会の一層の発展と充実を願って、誠心誠意、努力してまいる所存でございます。

本学では、今年度(2019年)春、新学科として「経営学部・ビジネスデザイン学科」が創設されました。この学科は、社会で必要な力、特に創造力、実践力を強化により、国際的な視点を持ち、イノティーブな発想で課題を解決できる人材を育成していくことが目的です。このような大学の新しい動きは、今後は、大学の他学部や全体の飛躍にも繋がっていくことを期待しています。

さて、本学の教育後援会が設立されたのは、昭和34年(1959年)のことであります。当時は、高度経済成長時代にあって、大学進学率も伸びつつあり、希望の就職に就くことも比較的叶えやすい時代でありました。しかしいまの社会は、極めて先行き不透明で、経済的にも、技術面でも、環境問題にしても大きく急激に変化しています。その意味で、大学ですから、高い教養と専門的能力を培うことはもちろんですが、変化に対応できる力およびスキルが大変重要な時代となっています。子どもたちは、社会に出て行きますが、先生方のご指導をいただきながら、若者たちが自立し、日々成長していくためには、私たち保護者も、家庭でできることがあるはずです。それは、何かを見つけるひとつの機会が、教育後援会の活動にあると考えております。

教育後援会は、学生達がのびのびと勉学に励みながら、クラブ・サークル活動、ボランティア活動、また留学等を経験し、人間として成長を遂げ、社会に巣立って行くことができるよう、人材育成のための支援に取り組んでいます。 しかし、特にわが子を下宿させておられる保護者の方にとりましては、毎日の食事や健康問題、学習状況など、気がかりなことが数多くあると思います。

そこで、地域ごと(各支部単位)に、毎年1回、大学と保護者とのコミニュケーションの場として「教育・就職懇談会」を開催していますが、今年度から、従来の成績面談に加え、全国対象に個人就職面談を行って頂くことになりました。保護者からの問いかけに対して、親身になってお答えいただいております。また、それ以外に保護者を対象としたキャリア関連行事の開催、後援会だより「かけはし」や新入生の保護者向け会報「ももやま」の刊行、キャンパスガイドの配付をはじめとする種々の活動は、「大学・学生・家庭のかけはし」として、誰よりも成長を願ってやまない親心が込められた活動であることを、何卒ご理解いただきたいと存じます。

最後になりますが、保護者の皆様におかれましては、将来の社会を担う子どもたちに対しまして、その自主性を尊重する姿勢で温かく見守り、ご家庭からも多大なる支援を願う次第であります。教育後援会の活動が、より充実したものとなりますよう、一会員として、本会へのご理解を深めていただきますよう、ご協力よろしくお願い申し上げます。

桃山学院大学教育後援会
会長 西田 秀治

About
教育後援会の概要

教育後援会は「大学の教育の発展と充実のための後援」を目的に、桃山学院大学が開学した1959(昭和34)年6月に、「桃山学院大学友の会」として早くも発足いたしました(1983(昭和58)年7月「教育後援会」と改称)。 以後大学との緊密な連絡・ご協力を得ながら、様々な活動を行っています。教育後援会活動は、大学の拡大、発展の過程において欠くことのできないものですが、本学の場合も、学部増設やキャンパス拡充等、大学発展の節目となる事業に対して、大学の要望に応え最大限の支援を行っています。

このような後援会活動は、本部役員、顧問、評議員、および支部長をはじめとする支部役員の方々を中心に運営致しております。6~7月には大学において「総会」、各支部においては教育・就職懇談会時に「支部総会」を開催し、活動に取り組んでおります。

About
組織と運営 ― 組織図    

About
各種支援活動 - 教育後援会の主な活動

①学生 ・大学に対する援助

学生の充実したキャンパスライフのために各クラブ・サークル等に対する活動費の援助、スポーツ推薦クラブ強化費の援助、優秀団体への援助、新入生歓迎祭・大学祭・卒業パーティーへの援助、ビジネスプランコンテスト援助、食育キャンペーン援助、ボランティア活動への援助、教育後援会経済援助奨学金、新入生・卒業生への記念品贈呈、学生団体、個人の緊急貸与制度を行っています。(学生からのお礼のお便りをこちらで紹介しています。)


②国際交流にかかわる援助

海外留学に対する援助、国際ボランティア活動の援助としてインドネシアワークキャンプ、内モンゴル緑化ボランティア活動発表会の支援、留学生が振袖を着て日本文化を体験する「留学生振袖の会」開催等を行っています。


③施設等の環境整備にかかわる援助

新卒業生保護者を対象に、子女の卒業の記念として「卒業記念募金」をお願いし、学生の学習・研究環境や課外活動環境の整備のために支援を行ってまいりました。
2016年度につきましては、下記の支援を行いました。なお、2015年度をもちまして、「卒業記念募金」の募集を終了しましたが、これまでご協力いただいた「卒業記念募金」につきましては、大学のキャンパス環境整備に協力・支援していく予定です。
2016年度 体育館メインアリーナ式典用緞帳寄贈
体育館トレーニングルーム機器の整備・拡充の援助
大学附属図書館の環境整備への援助(展示用品の寄贈)


④就職情報等の提供

学生の就職活動状況に関する情報は、大学との協賛で「就職懇談会」を開催して情報提供しています。また、キャリアセンターとの定期的な情報交換の内容を各支部を通じて保護者の皆様へ発信を行っています。


⑤広報活動

広報活動といたしましては、桃山学院大学教育後援会だより「かけはし」および会報「ももやま」の発行、ホームページの更新等を行っています。
教育後援会だより「かけはし」は、それまでの各支部だよりを統合、2013年春に創刊されました。本部および近畿6支部の広報担当者でワーキンググループを結成、さらに全国各支部の協力を得て、会員の皆様に大学の情報や教育後援会の種々の活動内容をお伝えすべく、年1回の発行を行っています。
新入生の保護者の方々に向けては、入学時に、教育後援会の活動の紹介や新入生保護者の皆様に必要な情報を掲載した「ももやま」を発行しております。
ホームページも、本部や各支部行事のお知らせ・ご報告を中心に、適時更新しておりますのでご活用ください。


⑥支部活動

全国に14の支部を設け、教育・就職懇談会/支部総会、地域懇談会を開催しています。この懇談会は大学関係者のご協力を得て、保護者の方のご相談(成績・就職・学生生活等)に応じています。 各支部では、教育後援会だより「かけはし」への寄稿、大学祭への参加、行事の企画等を行い、随時支部役員会を開催しています。
このような教育後援会の活動は、本部役員、評議員および支部長をはじめとする支部役員の方々を中心に運営しています。毎年7月には大学において「総会」、「評議員会」、6月から7月にかけて14支部で教育・就職懇談会時に「支部総会」を開催するなど、様々な活動に取り組んでいます。
なお、本会に関するお問い合わせ等がございましたら、教育後援会事務局までお願いします。


<お問い合わせ>
桃山学院大学学長室校友室内教育後援会事務局宛
〒594-1198 大阪府和泉市まなび野1-1
TEL 0725(54)3131
FAX 0725(54)3202

全国支部のご紹介

北陸    東海    京都滋賀     大阪北     大阪南
奈良三重    和歌山    兵庫    四国    岡山
広島    山陰    山口    九州

Support
100円朝食 - 今月のメニュー

 

Newsletters
会報-教育後援会だよりーかけはし

Newsletters
会報-ももやま

Flyer
教育後援会のご案内

Brochure
大学案内

 

Brochure
アンデレクロスNo.175-2019 Spring

Brochure
国際体験ガイドブック