お問い合わせ

 

履修の手引き

履修上の注意

教職課程に関するそれぞれの教科において前提条件科目が決められています。これらは、教育実習 で実際に生徒と接するまでに必要最低限身につけておくべき知識や技能を学ぶために設けられたも ので、教育実習への前提条件にかかわる科目となっています。つまり、3年次末までにこれらの科 目をすべて修得していないと、教育実習への参加は認められないことになります。したがって、卒業 と同時に教員免許を取得するためには、3年次末までに教職課程科目のみならず卒業に必要な学科 教育科目の単位をほぼ取り終え、4年次には教育実習、教職実践演習などに専念できるような体制 を整えることを目標にして、1年次から計画的に履修を進めていく必要があるのです。
3年次の春学期に、実習を希望する中学校あるいは高等学校を訪問し実習の内諾手続を行います が、3年次末に一つでも前提条件科目の単位を落とした場合は、次年度に予定されている実習を辞 退しなければなりません。やむを得ず4年次で教育実習に参加できなくなった場合は、卒業後に本 学の科目等履修生として、「教育実習Ⅰ」「教育実習Ⅱ」「教職実践演習(中・高)」等を履修し ながら実習校での実習を行うことができます。


教育職員免許状の基礎資格および最低修得単位数

教育職員免許状を取得するためには、各自の所属の学部、学科の卒業要件を満たした上で、教職課 程関係科目の必要単位数を全て修得しなければなりません。教職課程関係科目は教育に関する知識、 教養などの修得の他に、教員としてふさわしい資質を練磨するために必要となります。

教職課程関係科目は、『履修要項』を確認してください。

大学院生は別途『大学院履修要綱』を確認してください。

ページのトップへ戻る