お問い合わせ

 

教育実習

本学の教職課程において、教育実習に参加するためには、前年度(3年次末)までに全ての教育実習 前提条件科目を修得する必要があります。また教育実習の履修に際して制約があります。

1.教育実習を希望する学校への事務手続き

教育実習に参加するために毎年実施されるガイダンスに出席し、3年次には各自で教育実習を希望す る学校に対して実習依頼に関する事務手続き(内諾手続き)が必要になります。

2.「教育実習」科目

本学の教職課程において教育実習に参加するためには次の「教育実習」科目を履修する必要がありま す。受講希望者には教職センターより履修登録を行います(各自で登録する必要はありません)。

  • 「教育実習Ⅰ」 … 3単位 4年次に履修 (※教員免許状の取得希望者全員が履修)
  • 「教育実習Ⅱ」 … 2単位 4年次に履修 (※中学校教諭免許状の取得希望者が履修)

「教育実習Ⅱ」

 「教育実習Ⅱ」を受講するためには「中学一種(社会科)」もしくは「中学一種(英語科)」の教 育実習前提条件となる単位を修得する必要があります。教育実習を希望する学校に対して内諾手続を 行う際、3週間以上の期間を依頼して下さい。

3.「教育実習」科目の履修の制約

①原則として、すべての教育実習の前提条件科目を、前年度(3年次末)までに修得していること。
②教育実習を履修する年度中に免許状取得に必要なすべての単位を修得できる見込みがあること。
③入学後、教職課程の各種ガイダンス(教育実習の事前指導を含む)にすべて出席していること。
④教育実習について、ガイダンス等で指示のあった必要手続きを完了していること。

4.「教職実践演習(中・高)」

「教職実践演習(中・高)」を、原則として4年次の秋学期に履修します(教職センターで履修登録 を行うため、各自で登録する必要はありません)。この科目は、大学の授業で学んだ”理論的知識”  と、教育実習等で体得した教科指導力、生徒指導力等の”実践的知識”の統合を目指します。
 この「教職実践演習(中・高)」に向けた準備は、1年次春学期から始まります。学生は、各学期 に履修した教職課程の各科目において身につけた教員として必要な知識技能の習得状況に関する自 己評価を行い、「履修カルテ」を作成していきます。
「教職実践演習(中・高)」では、この「履修カルテ」も活用することで、教員としての資質能力の 習得状況について、最終確認と指導を行います。

ページのトップへ戻る