お問い合わせ

 

教員採用試験に向けた取組みについて

難関といわれる教員採用試験の合格のため、本学では以下の取り組みを行っています。
(内容は変更することがあります。) 


■授業科目「教師力セミナーA、B、C」「授業実践演習」

「教師力セミナーA、B、C」では、教員採用試験も視野に、教師に求められる資質を理解し、教師に必要とされる力の獲得を目指します。
「授業実践演習」では、教育実習および教員採用試験を視野に、様々な形式での模擬授業体験などを通じて、「主体的・対話的で深い学び」を 実現するため教師として何を身につけることが重要かを学びます。


■教職センター(ピアサポーター、ランチタイムミーティング)

教職課程を履修する学生の、自主学習の場所として「教職センター」を設置しています。火曜と木曜の昼食時には、ランチタイムミーティングを開催し、 時期に応じ、教員採用試験対策や教育実習に向けた情報交換等、様々なテーマで活動を実施しています。 また、教職員やピアサポーター(教職課程で学ぶ上級生。スクールボランティア、小学校免許取得プログラム等、各自の経験に基づくアドバイス等も行います。) による学習や進路相談も受付しています。 多くの熱心な学生が利用していますので、新たに教職課程を履修する皆さんも、是非、教職センターにお越しください。


■スクールボランティア

教師を目指す学生にとって、学校現場での継続的な体験は、専門知識の知識獲得と同様に非常に重要な学びとなります。本学では、地域の自治体と連携し、 10名以上の教職課程で学ぶ学生を、学期単位で学校現場に派遣しています。また、授業や講座、ミーティング等の場で報告、情報共有、質疑応答等を行うことで、 体験を実践に繋げる学びの場としています。


■教員採用試験対策講座(第2・4日曜日および長期休暇中に実施)

採用試験面接での過去問題を中心に取組み、各教育委員会が求める教師像について理解を深めた上で、回答できる力を養成します。 原則、開講日時は授業期間中の毎月第2・4日曜日午後ですが、長期休暇期間には数日間での集中講座も実施しています。 休日に実施することで、在学生のみならず、卒業生、その他一般の方、現役講師の方にもご参加いただき、実践的に学べる場としています。

※参加ご希望の方は、教職センター(kyoshoku@andrew.ac.jp)までメールでご連絡ください。


■教員採用試験対策模試(学内模試)

教職センターでは、学内で「教員採用試験対策模試」を実施しています。 大学より補助があるため、通常よりも安価に受験することができます。


■教員採用試験Web対策講座

株式会社時事通信出版局が実施している「教職Web講座」を本学特別価格にて実施しています。 詳細は教職センターまでお問い合わせください。 なお、当講座は『課外講座学修奨励奨学金』の対象となる講座です。対象者で期限内に希望し、受講条件を達成できれば実質ほぼ無料で受講することが出来ます。

※教職Web講座の概要はこちら(時事通信出版局のサイトへ移動します)
 http://book.jiji.com/kyouin/tsushin/


■その他


ページのトップへ戻る