図書館HPトップへ


各 種 申 込 書 (大学構成員対象)


●利用方法●
申込書名をクリックするとPDFデータが表示されます。項目ごとに必要事項を入力してください。(画面上部の「フィールドをハイライト表示」をチェックすると、入力可能な項目がわかります。)
申込用紙は印刷して、それぞれの申込み先へ提出してください。用紙のみ印刷して、手書きで記入しても有効です。
入力内容は、PCをシャットダウンするまで残ります。続けて申込書を作成する場合は、項目を上書きして印刷してください。
(下記一覧表には、PDF化準備中の申込書もあります。1階メインカウンターへお申し出ください。)


●卒業論文特別貸出

(3・4回生対象)
通常の貸出とは別に、論文を作成するために特別貸出を利用できます。
→貸出冊数と貸出期間
申込用紙は1階メインカウンターにあります。申込み先も同じです。

<利用方法>
@論文貸出で利用したい資料を選んで、申込書にそのタイトル等を記入してください。

A氏名・学籍番号・論題(仮でも可)を記入のうえ、資料と申込書を添えて1階メインカウンターで手続してください。 教員の署名は後日でも結構です。資料は特別貸出の冊数と期間で利用できます。

B教員の署名をもらった申込書を1階メインカウンターへ提出して、手続完了です。 以降は、その旨を伝えるだけで特別貸出の追加貸出ができます。

●修士論文特別貸出

●グループスタディルーム利用・予約(学生用)

(121KB)
グループスタディルームでは、複数名以上の学生、大学院生がグループで学習、研究、討議する目的で利用することができます。→利用案内
申込み先は、AVルームカウンターです。

●グループスタディルーム利用・予約(教員用)

(90KB)

●図書館ホール利用・予約

(99KB)
座席数108席。図書館の主催する利用案内、各種研修会および講演会などに使用します。→利用案内
申込み先は、1階メインカウンターです。

●希望図書

(103KB)
学習・研究のための図書を、利用者からの要望を参考に購入する制度です。
申込書に記載の注意事項をお読みください。また、「希望する目的」はかならず記入してください。
申込み先は、1階メインカウンターです。

●相互利用(ILL)
    :貸借・複写・照会

(124KB)
本学図書館にない図書の貸出や雑誌記事などの複写を、所蔵館へ依頼する制度です。
図書館1階レファレンスカウンターで申込受付をしています。複写料金、郵送料は自己負担です。また、借り受けた図書は館内利用限定ですのでご注意下さい。 現物が到着しだい、Gmailなどでお知らせします。

※注意事項※
資料名等の記入が正確でないと依頼ができませんので、申込時にレファレンスカウンターで確認してください。

●国立国会図書館デジタル化資料送信サービス
利用申込書(閲覧用)

(96KB)
国立国会図書館による「図書館向けデジタル化資料送信サービス」がご利用いただけます。国立国会図書館がデジタル化した資料のうち、絶版等の理由で入手が困難な資料について、桃山学院大学附属図書館でデジタル画像の閲覧と複写ができるサービスです。 →利用案内
申込み先は、1階レファレンスカウンターです。

●総合研究所資料
閲覧・複写申込書(学生用)

総合研究所は、研究支援課(聖アンデレ館5階)にあります。→利用ガイド
学部学生が総合研究所で資料を利用する(学部学生は貸出不可)には、必要事項を記入した申込書が必要です。(大学院生や教員は申込書不要です。)
申込用紙は1階メインカウンターにあります。

※注意事項※
図書館にも総合研究所にも同じ資料がある場合があります。その場合は、図書館資料をご利用ください。

●紛失図書弁償届

(93KB)
借りている図書を紛失したときは、現物または代金で弁償することが原則です。紛失に気づいたら、まず図書館へご相談ください。


TOPへ戻る

図書館HPトップへ

HPトップ利用案内>各種申込書