News

2014.4.11お知らせ・イベントキャンパスリポート

ノートテイク・パソコンテイク講習会およびフォローアップ研修を実施しました

4月2日(水)・4月3日(木)の2日間、ノートテイク・パソコンテイク講習会およびフォローアップ研修を実施し、20名の本学学生が参加しました。ノートテイクでは色々なDVDを見ながら要約力の向上を目指し、パソコンテイクでは4人連携での支援の練習等を行いました。今回研修に参加した学生からは、「講義を要約することは難しいが、少しでも聴覚に障がいのある仲間の力になりたい」との声が聞かれました。引き続き、講習会を予定していますので、障がい学生支援に興味のある桃学大生は、聖ヨハネ館2階のボランティア活動支援室までお越しください。

<ノートテイク・パソコンテイクとは?> ノートテイクとは、先生の話している内容を要約してノートに書き込むことで、聴覚に障がいのある仲間に講義の内容を伝えます。いかに効率よく理解してもらえるか考えながら書き込むかが重要です。パソコンテイクはノートテイクのパソコン版で、入力が速ければ速いほど、情報量が増えます。現在聴覚障がい学生を支援している桃大生も、自分自身の要約力が上がったと実感しています。
(ボランティア活動支援室)

ニュース一覧

過去のお知らせ