News

2014.8.7お知らせ・イベント

姜尚中(カン・サンジュン)聖学院大学学長 キリスト教講演会(桃山学院大学開学55周年特別企画)開催のお知らせ

桃山学院大学では開学55周年を記念し、姜尚中氏(聖学院大学 学長)をお招きし、キリスト教講演会を開催いたします。
参加ご希望の方は、下記の内容を必ずご確認の上、お申し込みください。

■桃山学院大学開学55周年特別企画 キリスト教講演会

【日 時】 10月28日(火) 15:00~16:30
【会 場】 桃山学院大学チャペル
【講 師】 姜尚中(カン・サンジュン) 聖学院大学学長
【テーマ】 世界の市民として生き抜く力とは

■お申し込み方法

下記①~④を明記の上、 メールで momop55@andrew.ac.jp までお申込みください。
申し込み締切日は、9月22日(月)です。
①姓名   ②ご住所   ③年齢   ④お電話番号   ⑤希望人数(2名まで)
※抽選の上、参加者を決定いたします(当選者の発表は、はがきの発送をもってかえさせていただきます)。

お問合せ先:チャペル事務室 TEL0725-54-3131(代表)

【講師プロフィール】

姜尚中(カン・サンジュン)
1950年、熊本県熊本市に生まれる。国際基督教大学准教授、東京大学大学院情報学環・学際情報学府教授などを経て、現在聖学院大学学長、東京大学名誉教授。専攻は政治学、政治思想史。テレビ・新聞・雑誌などで幅広く活躍。

主な著書に『マックス・ウェーバーと近代』、『オリエンタリズムの彼方へ』、『ナショナリズム』、『東北アジア共同の家をめざして』、『増補版 日朝関係の克服』、『在日』『姜尚中の政治学入門』、『ニッポン・サバイバル』、『愛国の作法』、『悩む力』、『リーダーは半歩前を歩け』、『あなたは誰?私はここにいる』など。共著に『グローバル化の遠近法』、『ナショナリズムの克服』、『デモクラシーの冒険』、『戦争の世紀を超えて』、『大日本・満州帝国の遺産』など。編著に『在日一世の記憶』など。小説『母—オモニ—』、『心』を刊行。最新刊は『心の力』。

以上

(チャペル事務室)

ニュース一覧

過去のお知らせ