News

2014.9.2お知らせ・イベントキャンパスリポート

【注意喚起】「デング熱」にご注意ください

現在、日本各地で症状が確認されている「デング熱」についてご注意ください。
「デング熱」は、感染したヒトスジシマ蚊に刺されて感染します(インフルエンザのようにヒトからヒトに感染することはありません)。ヒトスジシマ蚊は昼間活動し人を刺します。蚊に刺されないようにすることが第一です。
また、流行国・地域からの帰国者は、帰国後10日間は体調の変化に注意してください。
不安なこと、解らないことがあれば、いつでも保健室へお尋ねください。

「デング熱」について

【症状】
3 日~7 日の潜伏期間を経て突然の発熱(38℃以上)と激しい頭痛、関節痛、筋肉痛を伴い小さな赤い発疹が出ることがありますが、この発疹は痒みや痛みはありません。
解熱する頃に出血しやすくなり、鼻出血、歯肉出血や生理中の場合は、月経量が多くなることもあるので注意が必要です。

【治療】
デング熱に対する予防接種や治療薬はありません。対症療法のみですが、解熱剤に多く使われているアスピリン系の薬剤は出血傾向を助長させるので禁忌です。(デング熱が疑われる場合は、速やかに医療機関で適切な治療を受けましょう。)

【予防】
・ 肌の露出を避ける。
・ 防虫スプレー等を適切に使用する。
・ 免疫力が落ちないよう、バランスの良い食事と睡眠をしっかりとりましょう。
(保健室)

ニュース一覧

過去のお知らせ