News

2015.9.7お知らせ・イベント

経済学部江川暁夫准教授が、チェンマイ大学にて日本経済に関する講演を行いました

本学経済学部の江川暁夫准教授が、タイのチェンマイ大学日本研究センター修士課程の学生に向けて、「いまの日本経済はどんな問題を抱えているのか」と題して講演を行いました。
この講演には、現在タイで実施されているBSP(Beginning Step Program)に参加している学生も同席しました。

講演では、現在の日本が抱える経済問題に関する知識を整理し、今後の長期的な経済成長を促すポイントとして、「労働力の確保」「資本調達の利便性」「生産性の向上」が重要であると話されました。
講演後は、チェンマイ大学の大学院生から質問が寄せられるなど、日本経済に関心が高いことが窺えました。
江川准教授の講演後は、引き続き本学の学生がプレゼンテーションを行い、日本研究センター修士課程の学生に様々な視点から大阪について紹介しました。

本学とチェンマイ大学は2015年に協定を締結し、学生交流や研究・教育における交流を実施しています。

(国際センター)

ニュース一覧

過去のお知らせ