News

2015.9.10お知らせ・イベントキャンパスリポート

2泊3日集中講座「高野山で学ぶキャリアとわたし」が開催されました

8月25日(火)から27日(木)までの3日間、高野山大学とその近隣地域において、集中講座「高野山で学ぶキャリアとわたし-高野山を発見&わたしを発見-」が開催されました。

この科目は、南大阪地域大学コンソーシアムが提供するセンター科目のひとつで、南地域大学コンソーシアムに加盟する大学の学生が参加します。この科目には2つの柱があり、1つは、初めて出会った学生たちが、2泊3日の合宿という短い期間に、与えられたテーマのもとで一緒に作業し、最終日に審査員の前で企画提案をプレゼンテーションすること、もう1つは、高野山という日本有数のパワースポットのなかで、ふだんの自分を見つめなおし、自分自身のさらなる可能性や魅力に気づくことを目的としています。今年は、5大学37名の学生が参加し、本学からは29名の学生が参加しました。

今回のプレゼンテーションのために与えられたテーマは「高野山の魅力を発見する」でした。学生たちは、観光パンフレットに載っていない高野山の魅力を、自分たちの足で、実際に高野山の街並みをフィールドワークしながら探索し、その発見を講師のアドバイスを受けながら形にまとめて、3日目の最終プレゼンテーションに臨みました。総数9チームによる企画提案は、講師陣によって厳正に評価され、以下のチームが表彰されました。

<受賞チーム>
☆最優秀賞 シャカリキ(グループ4名のうち、本学学生3名)
☆優秀賞 Global高野山(グループ4名のうち、本学学生2名)
☆優秀賞 こうやくんチーム(グループ4名のうち、本学学生4名)
☆高野山大学特別賞 くいしんぼう(グループ4名のうち、本学学生4名)

参加した学生からは、「慣れないリーダーシップに緊張したものの、集団をまとめる大切さと行動力を学んだ」、「今までわかっていなかった自分自身の魅力に気づくことができた」などの声が聞かれました。
宿坊に泊まり、朝の勤行に参加し、最終日には座禅を組んで瞑想するという、ふだんの生活から離れた2泊3日のなかで、高野山ならではの貴重な体験ができました。

ニュース一覧

過去のお知らせ