News

2015.12.3キャンパスリポート

正課外活動顕彰制度の表彰式が行われました

10月7日(水)に学生支援課にて正課外活動顕彰制度の表彰式が行われました。

■〔今回の表彰者〕

森口 弘章(社会学部3年次生)
・アニメーション作品『境界の彼方』の舞台となった奈良県橿原市で、町興しを目的に「橿原デジタルコンテンツ推進委員会」を設立して多様な企画立案を行い、アニメ制作会社や映画会社、市の観光課や鉄道会社などと連携することでそれらを実現し、町のイメージアップに貢献しました。 
また、このことが『朝日新聞』、『読売新聞』、『関西ウォーカー』など複数のメディアに取り上げられました。

・株式会社リクルートキャリアが2015年8月に富山県上市町で町役場などと共催した地域活性化プランコンテストに参加し、他大学学生らとともに発表した活性化策が1位を獲得しました。
また、このことが地元紙『北日本新聞』に取り上げられました。

■正課外活動顕彰制度とは

正課外をがんばっている人を表彰する制度で、公認団体・未公認団体・個人の活動すべてにおいて申請が可能です。学生生活委員会で審査の上、表彰となりますが、自薦・他薦を問いませんので、どんどん応募してください。なお、表彰された活動については、大学ホームページに掲載予定です。
(学生支援課)

ニュース一覧

過去のお知らせ