News

2016.6.7お知らせ・イベント

【メディア掲載】 経済学部経済学科 江川 暁夫准教授の論文がバンコク日本人商工会議所発行の『所報』に掲載されました

経済学部経済学科 江川 暁夫准教授の論文「タイの第12次経済社会開発計画と長期ビジョン」がバンコク日本人商工会議所発行の『所報』(2016年5月号)に掲載されました。

以下、論文「タイの第12次経済社会開発計画と長期ビジョン」の要約です。
-----------------------------------------------------------------------------
タイでは、5か年計画である国家経済社会開発計画は、今世紀に入り、策定こそされるものの、時々の政権によって必ずしも重視されてこなかった。しかし、現在策定中の第12次計画は、プラユット暫定政権の政策運営方針としてこれまで以上に重要な位置付けがなされる可能性がある。
その内容は、あるべき方向性がかねてから述べられてきた政策を着実に実施することが重要とのメッセージである。また、年平均5%の経済成長という、タイ経済の現状に照らせばかなり高めの数値目標が設定されることで、中所得国の罠の回避に向け、同計画が、官僚機構においても再び重視されるようになれば、中長期的な制度設計や関連事業が計画的に行われ、より良いタイ経済社会をもたらすかもしれない。

ニュース一覧

過去のお知らせ