News

2016.7.19お知らせ・イベントキャンパスリポート

経済学部の吉弘ゼミがフィールドワークを実施しました

「地域の社会・経済的課題について本質と解決策の研究」をテーマとしている吉弘憲介准教授のゼミ(経済学部)は、7月2日(土)~3日(日)にかけて、鳥取県でフィールドワークを実施しまた。

▽7月2日(土) 於:岩美町
岩美町の定住施策について担当の方にヒアリングと質疑を行い、移住者を惹きつける魅力・ポイントなどについて調査を行いました。また、実際に移住した方が運営する「龍神荘」に宿泊し、移住者がどのよう意識や思いを抱かれているのかを学びました。

※岩美町は、『田舎暮らしの本』(宝島社発行)による企画「第4回日本住みたい田舎ランキング」の総合第1位に選ばれています。

▽7月3日(日) 於:八頭町および鳥取市
八頭町では、コミュニティカフェ&ゲストハウス「base8823」を訪れ、地域の活性化にかける思いなど店長さんの貴重なお話を伺うことができました。また、鳥取市では、鳥取県委託事業「プロフェッショナル人材戦略拠点」の戦略マネジャーに就任されている松井太郎さんを表敬訪問しました。お二人とも本学の卒業生で、各々の立場から地域の発展に資するべく活躍をされている方です。

このフィールドワークを含めたゼミ活動の成果報告については、8月30日(火)に行われる7大学合同ゼミ報告会(本学にて開催)で発表する予定です。

ニュース一覧

過去のお知らせ