News

2016.10.26キャンパスリポート

第2回「ひとり暮らしの料理教室」を開催しました

10月21日(金)、家政実習室(介護実習棟内)にて、キャンパスコミュニティ形成支援プログラム「ひとり暮らしのための料理教室」を開催しました。

今回は、外食やコンビニ弁当では経済的に負担となり、つい安価な菓子パンやカップ麺で済ませてしまいがちな昼食を取り上げ、「キャラ弁&ハロウィンデザート」作りに取り組みました。

キャラ弁作りでは、アイデア次第で弁当を作る楽しさを実感しました。また年齢、性別により最適なカロリー摂取が可能な容量の弁当箱を使い、主食・主菜・副菜を3:1:2の割合で作ると栄養バランスも良く、同時に節約につながることを学びました。

参加した学生からも、「キャラ弁を作ったのは初めてだったが美味しくて楽しかった」などの声が聞かれました。また、料理教室への参加をきっかけに料理サークルを結成した学生がスタッフとして参加し、仲間と一緒にメニューを考えて料理することの楽しさなどを直接伝えました。今後も学生同士の交流の輪が広がり、自主的に食や健康について考えて行動することを期待しています。

12月中旬には、クリスマスをテーマにした「ひとり暮らしの料理教室」を開催する予定です。関心のある方は、学生支援課までお問い合せください。

※キャンパスコミュニティ形成支援プログラムは、学生同士のネットワーク形成・公認団体、サークル加入のきかっけ作りを目的としたプログラムです。

おにぎりに海苔やチーズで猫の顔 を作ります。卵焼きは切り方を工夫 してハート型に!

ニュース一覧

過去のお知らせ