News

2016.12.22キャンパスリポート

St.Andrew’s Challenge-Ship認定企画実施報告

11月5日(土)および12月8日(木)の両日、学生によるSt. Andrew’s Challenge-Ship認定企画が実施されました。

①ディベート大会
桃山祭開催中の11月5日(土)、桃法会主催による「学内ディベート大会」が行われ、「積極的安楽死を認めるべきか」をテーマに、6チームがトーナメント方式でディベートやプレゼンテーションの技術を競いました。
各チームがこれまで取り組んできた活動の成果をいかんなく発揮し、いずれの対戦においても白熱の議論が展開されました。大会結果は以下の通りです。

【優勝】桃法会Aチーム
【2位】経済学部 望月ゼミ3年次生チーム
【3位】桃法会Bチーム


②イタリア語劇
12月8日(木)、カンタベリーホールにおいて、イタリア語を学んでいる学生たちがイタリア人留学生と共同で企画し、テレビコマーシャルでおなじみの三太郎をモチーフに「三太郎アナザーストーリー」(オリジナル作品)を上演しました。
この活動を通じて仲間との絆を深めてイタリア語を上達させた学生たちが演じる劇を、ご来場いただいた多くの方々にも楽しんでいただくことができました。







St. Andrew’s Challenge-Ship(正課外活動奨励制度)とは
主に公認団体に所属していない個人やグループの企画による、ライブ、講演会、研究会などの実施を奨励し、実施費用の一部または全額(原則として、上限は10万円)を補助する制度です。対象となる活動も、環境問題をテーマにした講演会・討論会の実施、音楽ライブフェスティバルの開催、ダンスイベントの開催、他大学との共催イベントの実施などさまざま。みなさんの積極的な活用を期待しています。「St.Andrew’s Challenge-Ship」とは、みなさんのチャレンジする気持ちや行動を船に見立てている造語です。
(お問い合わせ先:学生支援課/聖ペテロ館1階)


ニュース一覧

過去のお知らせ