News

2017.1.17お知らせ・イベントキャンパスリポート

2016年度学生研究発表大会本選、審査結果について

本学では、学生自らが文学(国際教養を含む)・経済学・経営学・社会学・法学の分野を対象とする研究・報告の発表を行いプレゼンテーションの技能を競う「学生研究発表大会」を開催しています。

1月12日(木)には本選が行われ、33チームが参加した予選を通過した7チームが出場し、本学教員による厳正な審査の結果、以下の通り最優秀賞をはじめ各賞が決まりました。
学生研究発表大会審査結果(http://www.andrew.ac.jp/gakuron/16happyokekka.html

<最優秀賞> 1組
・3年次生【経済学部 吉田恵子ゼミ】「人は情報でどう左右されるのか?」

<優秀賞> 1組
・PRP【経済学部 井田大輔ゼミ】「パリピ経済について」

<佳  作> 5組
・2班【経済学部 吉田恵子ゼミ】「最後通牒ゲーム」
・田原猛志【経済学部 矢根眞二ゼミ】「人生は誕生日に影響されるのか」
・菅グループ【経済学部 吉田恵子ゼミ】「スイッチングコストが与えるプロモーション効果」
・酒井佑実【社会学部 村上あかねゼミ】「地域社会における公共図書館の役割」
・吉弘ゼミ【経済学部 吉弘憲介ゼミ】「魅力的な地域とは」


※表彰式は、1月19日(木)16:40より聖ヨハネホールにおいて行われます。

ニュース一覧

過去のお知らせ