News

2017.1.24お知らせ・イベントキャンパスリポート

2016年度学生研究発表大会およびディベート大会の表彰式を行いました

1月19日(金)、聖ヨハネホールにおいて学生研究発表大会およびディベート大会の表彰式を行いました。

朴大栄副学長からは、受賞者を称えるとともに、「学生研究発表大会は、本学が推進しているアクティブラーニングを取り入れた活動のひとつであり、ゼミの活動においてもおおきな励みとなっている。また、本学としても、学生自身が実行委員会を組織し、自主的に運営することを尊重し、この大会は着実に発展してきた。今後とも、多様な側面から学生のやる気を支援していきたい。」との話がありました。

今回の受賞者は以下のとおりです。受賞されたみなさん、おめでとうございます。

「2016年度学生研究発表大会」 
<最優秀賞> 1組
・3年次生【経済学部 吉田恵子ゼミ】「人は情報でどう左右されるのか?」

<優秀賞> 1組
・PRP【経済学部 井田大輔ゼミ】「パリピ経済について」

<佳  作> 5組
・2班【経済学部 吉田恵子ゼミ】「最後通牒ゲーム」
・田原猛志【経済学部 矢根眞二ゼミ】「人生は誕生日に影響されるのか」
・菅グループ【経済学部 吉田恵子ゼミ】「スイッチングコストが与えるプロモーション効果」
・酒井佑実【社会学部 村上あかねゼミ】「地域社会における公共図書館の役割」
・吉弘ゼミ【経済学部 吉弘憲介ゼミ】「魅力的な地域とは」

「2016年度ディベート大会」
優勝: 桃法会A
準優勝: 望月ゼミ
3位: 桃法会B
4位: 矢根ゼミ


朴大栄副学長

表彰の様子


ニュース一覧

過去のお知らせ