桃山学院教育大学

スペシャルメニュー
  • 子どもと教育の、今とこれから。
  • 学長対談
  • パンフレットをネット上でご覧になれます。

幼児保育コース

生活や遊びを通して乳幼児と関わる保育士・幼稚園教諭。
乳幼児期は人間の心身を形成するうえで重要な時期です。
子どもの心身の発達への理解や、子どもを取り巻く環境への配慮に加えて、
指導者自身にも豊かな人間性が必要です。
本コースでは、実習やインターンシップなどで経験を重ね、実践力のある保育者を養成します。

幼児保育コース

学びの特長

11年次から教育現場で実践力を磨く

1年次ではインターンシップ、2年次では保育所実習、3年次は施設実習、4年次は保育所・施設いずれかの選択実習と、4年間を通じてつねに現場と結びつきながら学びを深めていきます。実習後は学生同士で情報や体験を共有し、経験豊富な教員からアドバイスを受けます。教室と現場での学びを両輪で進め、実践力を磨いていきます。

2幼児期の教育に必要なケア(養護)を学ぶ

幼児期の教育・保育にはケア(養護)の部分が多く含まれ、福祉的な視点での学びが必要となります。また、子どもの成長過程や発達段階などについての基礎知識や、現場での指導などを知ることも大切です。本コースでは社会的養護や児童家庭福祉などの知識を学んだ上で保育士資格を取得することができるので、児童養護施設や福祉施設など、就職先の幅が広がります。

3丁寧な就職支援で就職率100%

専門的なノウハウに長けた「キャリアサポートセンター」と本コースが連携し、学生一人ひとりの就職を手厚く支援。就職率は100%、公立保育所への合格者も輩出しています。

取得可能な教員免許・資格

  • 保育士資格(定員50名)
  • 幼稚園教諭一種免許状

取得可能なその他の資格

  • 日体協公認スポーツ指導者※1
  • スチューデントトレーナー(初級・中級)※2

※1:所定の科目を履修することで、スポーツ指導者養成講習会と同じカリキュラムを履修したものとされ、修了証明書を受けることができます。

※2:資格取得には、別途筆記試験と実技試験(中級のみ)の合格が必要です。

コース配当科目

コース配当科目

1現代社会環境に応じた
乳児教育を学ぶ

[ 乳児保育 ]

生涯で最も発達変化が大きい乳幼児期。その成長を支える保育士・幼稚園教諭の役割は重要です。年齢ごとの発達の特徴や子育て支援、保護者との関わり方なども学びます。

乳児保育

2ピアノ演奏技術と
歌唱力を基礎から習得

[ ピアノ1・2 ]

保育園や幼稚園、小学校などの音楽活動には、ピアノ演奏技術や歌唱力が求められます。個人レッスンやグループワークを取り入れ、初心者の学生も安心してスキルアップできる体制です。

ピアノ1・2

学生の声

子どもになりきって考えることで、
見えること、感じられることがあります。

漠然としていた保育士のイメージを変えてくれたのは、「模擬保育」の授業。保育の現場でどのような指導を行うのか、保育士や子どもになりきった目線で考え、実際に行うという内容です。絵本の見せ方ひとつでも、持ち方で伝わり方が大きく異なるなど、大人の視点では気づけないことが沢山。子どもは何を考えどう動くのか。発達はどうか。経験と想像力を鍛えながら、目標に向けてスキルを高めていきたいです。

辻 奏美さん

教育学部 教育学科 2年次生 (私立大阪女子短期大学高等学校出身)
※ 2017年4月より大阪緑涼高等学校

辻 奏美さん

先生の声

子育て支援でもあり教育でもある幼児期の教育。
頭と体をフルに使って、専門スキルを磨きます。

幼児期の子どもたちは個人差が大きいため、一人ひとりの発達を見極め、段階に応じた教え方や教材を工夫することがポイントです。心身の発達に関する知識を身につけるとともに、幼稚園や保育施設でのインターンシップや実習を取り入れ、「理論+実践」を組み合わせながら専門スキルを修得。幼児一人ひとりへの個別指導法、集団に対する指導法など、さまざまな現場で能力を発揮できる対応力を磨きます。

山本 弥栄子准教授

[専門とする研究分野] 言語発達・発達(保育)相談

山本 弥栄子准教授

ページトップへ