科目別・企業別課題の一例(半期16社、年間32社)

企業・団体名 テーマ
福祉・医療・教育ビジネス
株式会社リクルートマーケティングパートナーズ
「教育ビジネスにおける、新サービスを提案せよ」
食ビジネス
ハウス食品株式会社
「自分がマーケティング責任者なら自社製品を食べたことのない外国人の消費者にどのように認知、購入させるか提案せよ」
食ビジネス
アサヒビール株式会社
「海外市場で販売シェアを増やすにはどのような方策が有効か提案せよ」
農ビジネス
JA大阪中央会
「農業を盛り上げる方法について提案せよ」
健康・スポーツビジネス
大阪エヴェッサ
(ヒューマンプランニング株式会社)
「大阪エヴェッサの集客を増やす他企業とのコラボ案を提案せよ」
オリエンテーション
株式会社Kansai Collection ENTERTAINMENT
「関西コレクションの来場者4万人にするための案を提案せよ」
CLOSE

時間割、カリキュラム、卒業後のイメージ

これからの社会で求められる3つの力を身につける。

企業人と学ぶ実践的な科目

ドメイン科目
連携先から提示された課題への解決案を検討することでビジネスデザインの知識・技術(システム思考+デザイン思考)を身につけます。
※新しいビジネスのヒントを得るため、1学期間で分野ごとに4社ずつと学ぶ。
PBL科目 (問題解決型学習)
学生×企業人のチームで協力しあって、問題解決に取り組みます。社会で求められる世界標準のリーダーシップを、連携企業の社員の方と共に学びます。
※1学期間(15コマ)の授業を1つの課題に対して取り組む。
<2019年春学期>
関西吉野家
「大学生世代がより吉野家を利用するために必要な要素を踏まえた新たな商品・サービスを提案せよ」

「やわらかアタマ」をつくる
教養・文化科目
さまざまな分野のプロが
ユニークな授業を展開!

ビジネスデザインには、柔軟かつアート的な発想力なども欠かせません。将棋・華道・茶道・イラスト・演劇など学科独自の「教養・文化科目」を開講し、その道のプロが学びを提供します。

  • 伝統文化で
    集中力や決断力を鍛える
    将棋・囲碁
    担当講師:山口 絵美菜
    史上初の京大出身女流棋士
  • 共通言語としての
    イラストを学ぶ
    イラスト・絵画
    担当講師:松田 純
    客員教授
  • 共感をにつながる
    「伝える力」を高める
    演劇・朗読
    担当講師:堀江 良信
    フリーランスアナウンサー
  • 人間力や
    "おもてなし"を養う
    華道・茶道の心
    華道担当講師:細坪 弘美
    小原流専門認定教授
    茶道担当講師:加龍 哲郎
    裏千家流茶道家


 

時間割

1年次の時間割(2019年度例)

時間割例:春学期
時間割例:秋学期

教養・文化科目は選択科目です。時間割表には1年次に履修可能なすべての科目を表記しています。
グループワーク:PBL科目やドメイン(分野)科目では、次の授業までの課題がありますので、授業以外でのグループワークの時間も用意しています(教員・企業サポートあり)。
課外プログラム:金曜日5限をベースに設定します。2019年度の開催事例はこちら▼

課外プログラム開催事例
2019年度

 


 

カリキュラム

1クリエイティブ力〈ゼロからイチを生み出す力〉

クリエイティブ力を育成するためには、発想力を鍛える課題をたくさんこなす必要があります。PBL(問題解決型学習)では連携企業からの課題を連携企業の社員と共に考えます。また、必修のドメイン科目では授業の担当企業から年間で32のクリエイティブ課題が出され、取り組みます。またやわらかアタマをつくるため、教養・文化科目では、イラスト、将棋、演劇などの科目を用意しています。

  • 年間32問の社会問題解決に取り組みます。
  • 柔軟な発想力等の基礎を第一線で活躍する専門家から学びます。

2高度なコミュニケーション力〈人間関係の中で共感しあえる力〉

PBL(問題解決型学習)のなかでは、学生・企業人のチームで共に学んでいきます。そのなかでチーム内でのコミュニケーション力を高めます。また、プレゼンテーションやフィールドワークなどの授業では、多様な人とのコミュニケーションを身につけることができます。

  • PBL・・・Project Based Learning
    学生×企業人のチームで協力し合って考え、課題に取り組みます。

3やり抜く力〈強い意志と責任を持って実現する力〉

ビジネスデザイン学科では、4年間での開講科目数は69科目となっています。必修が多くを占め、時間割も固定です。授業の空き時間にはグループワークや課題に取り組みます。毎日、授業終了後にはフィードバックの時間を設け、その日の授業で分からなかったことについて質問することで、納得しながら進んでいくことができます。

  • 時間割は固定です。
  • 授業空き時間はグループワークや課題を行います。
  • 理論と演習授業は、ほぼ1:1です。
  • 毎日、教員・仲間と共にフィードバックを行います。
    ※フィードバック:毎日の授業で出た質問や授業内容・考え方の意見交換

その他の科目

4年間の成長のプロセス

「新たなビジネスを創出するための
3つの力
   × リーダシップ力」を
身につける」

毎年のビジネスモデルコンテストに挑戦!
※優秀モデルには起業のチャンス!

   BDLオフィスにてサポートします。

卒業時には実現可能なビジネスをデザイン
(商品企画やアプリ開発含む)

実際にビジネスをつくることができる人となり
社会で活躍


 

卒業後のイメージ

実際にビジネスを
つくることができる
人材を育成

アントレプレナー(起業家)としての素養と実行力を持つ人。

新ビジネスを立ち上げるイントラプレナー(社内起業家)や社会起業家。

  • 新しいビジネス
    〈営利・非営利〉
    を起業
    できる人

  • 企業内で
    新しいビジネスを
    企画・提案
    できる人

  • 既存事業を
    継承し、
    改革できる人

  • 企画力を持った
    公務員・
    NPO職員など

アントレプレナー(起業家)としての素養とは?

イノベーションという言葉は日本語では「技術革新」と訳されますが、
その意味はすでにあるモノやサービスを結びつけて新しいモノやサービスを作り出すというものです。
例えば、空き家とホテルを結びつけて、新しい宿泊のシステムを作るというようなことです。
桃大のいうアントレプレナー(起業家)としての素養とは、そのような発想・実行力を指します。
その素養は起業だけではなく、今後は仕事のあらゆるビジネスシーンで求められるものです。

ビジネスデザイン学科への期待の声

もし私が高校生の時にこの学科があったら、間違いなく行きたいと思うでしょう。

授業で提携
akippa株式会社
代表取締役社長 CEO
金谷 元気

このような学科は
日本中の大学全体に
求められている。

課外プログラムで提携
株式会社ラウンドワン
代表取締役社長
杉野 公彦

どんな新しい価値を
生み出してくれるか
今後が楽しみな学科です。

入学前教育プログラムで協力)
大阪ガス行動観察研究所
所長
松波 晴人