News

2019.1.8お知らせ・イベント

社会学部生が制作に協力した和泉市タウンマガジンが発行されました

社会学部学生リーダー育成プロジェクト社会調査応用プログラムの学生が制作に協力した、久保惣ミュージアムタウンマガジン『コンコン』第2号が発行されました。

久保惣ミュージアムタウンマガジン『コンコン』は、和泉市久保惣記念美術館を中心としたエリアを「和泉・久保惣ミュージアムタウン」として、和泉市民そして市外の方々にも発信していこうという和泉市の構想の一環として発行されるものです。
和泉市内各所だけでなく、関西国際空港、大阪府内主要駅、国立国際美術館など関西一円の美術館、博物館、文化会館などにも置かれています。ぜひ手にとってご覧ください。

2018年7月、タウンマガジンを企画・プロデュースしている大西淳浩氏と福永眞子氏が来学され、和泉市の魅力を学生目線で紹介するプロジェクトが発足しました。8月には、情報発信を紙面だけでなくInstagramでも行うため、多くのフォロワーを持つジル氏に、Instagramのテクニックに関するワークショップをしていただき、その後、和泉市の各所を学生が取材しました。

▼社会調査応用プログラム代表 社会学部2年次生の武輪菜々子さんのコメント
今回のプロジェクトに関わるまで、和泉市に何があるかあまり知りませんでした。掲載していただく写真を撮りに行くために和泉市を探検していると、「こんな所に、こんなものが!!」と新たな発見が多く、とても良い経験になり、和泉市のことを知るきっかけになりました。
インスタ風に写真を掲載するということで、どのような写真や説明文にしたら、みんなに来たいと思ってもらえるか、 良さを伝えるにはどうしたらいいかなど悩みましたが、8月に行われたジルさんのワークショップで教わったテクニックなどを参考にして取材をしました。
できあがった『コンコン』には、色々な工夫をして撮られた写真が掲載されていて、見ていて楽しく、私も写真の場所に行ってみたいという気持ちになりました。『コンコン』を見て、観光客の方や外国の方、本学の学生など様々な人たちに和泉市の良さを知ってもらい、お越しいただけたら嬉しいです。

※『社会学部学生リーダー育成プロジェクト』は、2012年度~2019年度桃山学院大学同窓会周年事業寄付金特別教育活動認定事業です。講義やゼミの枠を超えた教員と学生、そして学生間の交流を通じ、リーダーシップを養成し、大学生活を一層充実させることを目指しています。

※「社会調査応用プログラム」は、社会学部学生リーダー育成プロジェクトのプログラムの一つです。社会学部岩田考教授のサポートのもと、日頃学んでいる社会学や社会調査を企業や自治体との連携事業で応用し実践するプログラムです。〈アカデミック×ビジネス〉、〈アカデミック×行政〉によって、新たな生活、文化、社会をデザインするという社会学科のカリキュラム・ポリシーを実践するものです。

【参考URL】
桃山学院大学社会学部学生リーダー育成プロジェクト「社会調査応用プログラム」facebook
https://www.facebook.com/momoyama.s.leaders.asrp

和泉市ホームページ
http://www.city.osaka-izumi.lg.jp/kakukano/kousitu/apiruka/gyoumu/citypromotion/kanko/1545813770484.html

ニュース一覧

過去のお知らせ