就活担任制

桃大生が就職に強い一番の理由は、就活担任制による
個別サポート

就活担任制による個別サポート

桃大の就職支援の特色は、学生一人ひとりの自己実現を応援する
「就活担任制」を長年実施していることです。
就活担任制だとどんなメリットがあるのか、まだ就職活動自体を
よく知らない人にもわかりやすくご紹介します。

なぜ、桃大は就活担任制?キャリアセンター
スタッフに
聞いてみよう!

そもそも就職活動って
どんなことを
するんですか?
就職活動とは、その言葉通り「職に就く」ための活動です。具体的には会社説明会やセミナーに参加して理解を深め、希望する会社の筆記試験や面接といった選考を受けて、自分が働く場所を見つけるための活動のことを言います。しかし、就職活動は単なる職探しではなく、長ければ30年以上、一日の大半を過ごすことになる場所を決めること。卒業後も自分らしく生きていくために大変重要な活動ですから、企業理念や雇用条件等を自分の希望や生活スタイルなどと照らし合わせて選択することが大切です。
就活担任制だと、
どんないいことが
ありますか?
就職活動の時期が来ると、自己分析や業界・職種研究を目的としたセミナーなどが学内外で開催されます。これらの情報は就職活動を行う際に必要ですが、それだけでは不十分。就職するのは自分自身ですから、就職活動はもっと個人的な視点と価値観で考えるべきです。決められたルールやマニュアルに従って活動すると安心かもしれませんが、それでは納得のいく人生を歩むことはできないでしょう。桃大は「就活担任制」により、各自が進路を意識し始める3年次から卒業後の生き方を決めるまで、専任の担当者が『その人だけの就活(生き方)マニュアル』を一緒に作り上げていきます。
他大学のサポートとは、
どう違うんでしょうか?
就職活動は千差万別。希望する業界や職種、勤務地は人によって違います。それぞれの希望を叶えるために、桃大の就活担任は学生との個別面談を繰り返し、いろいろな条件を把握して、一人ひとりに適切なアドバイスや情報を提供していきます。しかし、学生本人の将来の希望が偏った判断によるものであれば、単に応援するだけでなく、ときには進路設計の再考を促し、意見をぶつけ合うこともあります。このような密なやりとりの中で本音で語り合える関係が構築され、学生と担当者は卒業後も良い関係が続いています。
具体的にどんなアドバイスが
もらえますか?
会社に提出しなければならない書類の添削や確認、自己PRや志望動機の作成支援、希望する業界の企業情報提供など、就職活動に関わるさまざまなアドバイスを行っています。学生から質問を受ける内容は、本人の性格や考え方、活動時期によっても全く変わってきますから、その都度、最も適していると思われるアドバイスを行っています。下にアドバイスの一例を挙げていますので参考にしてください。

アドバイス例

まずは最初の一歩を一緒に!活動方針アドバイス

最初は就職活動の流れをまったく知らなくても大丈夫! あなたの専属担当者が就職活動の流れから自己分析・業界研究のはじめ方までしっかりと伝えます。まだ1・2年生という人も遠慮せずにどんどん相談に来てください。

あなたに合う企業を探す業界研究アドバイス

世の中の企業は、あなたが普段よく目にするところばかりではありません。とくにB to Bといわれる企業には目が向きにくいもの。キャリアセンターにはさまざまな業界・企業の資料を用意しており、あなたの知らないさまざまな進路を紹介できます。

あなたの良さが伝わる文章をエントリーシート添削

企業に提出するエントリーシートを持参すれば、担当者がその内容をチェック。長所がきちんと伝わるように書けているかどうか、あなたをよく知る担当者が判断し、丁寧にアドバイスするため、効果的に精度を高められます。

最後の最後まであなたを応援状況確認・アドバイス

採用試験を受け続けていると不採用が続くこともあります。気持ちが落ち込みそうなときも、担当者の励ましと次に向けた具体的な対策指導を受けることで、また勇気を出して挑戦できます。内定を獲得するその日までサポートします。

就職決定率(2015年3月卒業生)98% 数字で見る就活!桃大生の、就職活動のヒミツ