< NEWS >


< NEWS >

社会が変化し、人間の仕事が変わる!

AI・ロボットなどの急激な進歩により社会の変化がますます進む昨今。
AI・ロボットに任せる仕事が増え、私たち人間がする仕事が変わってきます。
では、人間はどのような仕事を担うのでしょうか。
それは“ビジネスデザイン”です。

ビジネスデザインとは、
チームで
新しいビジネスの仕組みを創ること

ビジネスデザインは、調査・分析・企画・実践の4つのフェーズを行ったりきたりしながら進めていきます。企画してから調査することもありますし、実践してから分析しなおすこともあります。また、4つのフェーズにはきちんとした手法や理論があるのです。これまでは「分析」「調査」の勉強に重きを置いてきました。しかし、実際に新しいものを創るためにはこれらに加え、「企画」「実践」の手法・理論を勉強しなければなりません。そして、この4つのフェーズを行ったりきたりするために必要な力を磨いていかなければなりません。

市長インタビュー

桃山学院大学と包括連携協定を締結している大阪府泉大津市の南出賢一市長に、行政においても「ビジネスをつくる力」が大切だと考える点、ビジネスデザイン学科への期待を伺いました。

4年間で身につく力と卒業後の進路

ビジネスデザインするためにはこの3つの力を身につけることが必要です。なんといっても、ゼロからイチを生み出す「クリエイティブ力」。チームでの作業が求められることやビジネスを推し進めていくためには人の共感を得る必要があります。そのためのコミュニケーション力。また、強い意志と責任を持って実現する「やり抜く力」。ビジネスデザイン学科ではこの3つのチカラを育成します。

—— ビジネスをデザインしている卒業生 ——

ビジネスデザイン学科でどう成長できるか

ビジネスデザイン学科で「イラスト・絵画(イラスト思考)」の授業を担当していただく松田純氏に、「ビジネスデザイン学科でどう成長できるか」について語っていただきました。

> カリキュラム一覧はこちら

 

クリエイティブ力〈ゼロからイチを生み出す力〉

クリエイティブ力を育成するためには、発想力を鍛える課題をたくさんこなす必要があります。PBL(問題解決型学習)では連携企業からの課題を連携企業の社員と共に考えます。また、必修のドメイン科目では授業の担当企業から年間で32のクリエイティブ課題が出され、取り組みます。またやわらかアタマをつくるため、教養・文化科目では、イラスト、将棋、演劇などの科目を用意しています。

高度なコミュニケーション力〈人間関係の中で共感しあえる力〉

PBL(問題解決型学習)のなかでは、学生・企業人・上級生が共に学んでいきます。そのなかでチーム内でのコミュニケーション力を高めます。また、プレゼンテーションやフィールドワークなどの授業では、多様な人とのコミュニケーションを身につけることができます。

やり抜く力〈強い意志と責任を持って実現する力〉

ビジネスデザイン学科では、4年間での開講科目数は69科目となっています。必修が多くを占め、時間割も固定です。授業の空き時間にはグループワークや課題に取り組みます。毎日、授業終了後にはフィードバックの時間を設け、その日の授業で分からなかったことについて質問することで、納得しながら進んでいくことができます。

 その他の科目

3つの力を駆使して
チームで価値を生み出すための、
リーダーシップ教育

リーダーシップは組織のトップや管理職だけのものではなく、誰もが手に入れることができるスキルです。これからの社会で求められるリーダーシップを1年生から学びます。

 

ビジネスの現実を講演を通じて聞いたり、企業の商品開発に学生視点のマーケティングで参加するなどの従来の連携ではなく、企業人と学生が共に協力し合って学びます。学生は企業人から思考と行動パターンを学び、企業にとっては社員研修の側面を持ちます。

 

2018年夏に桃山学院大学の学生と早稲田大学の学生が
一緒に最新のリーダーシップを学ぶ「リーダーシップ・キャラバン」を実施します。
そこに企業や名古屋大学の学生も交えて、3日間の集中プログラムを開催する予定です。

日程:
2018年8月27日(月)
8月29日(水)29日(水)

参加企業は随時追加される予定です。

ビジネスモデルコンテストを開催し、
在学中の起業もサポート!

多彩な オフィス空間のようなキャンパス

このPBLは、
社員でも知らなかったことが見えてくる。
(株)ビームス 原田謙太郎 氏

リーダーシップ教育を受けた人が
これから活躍する。
アビームコンサルティング(株) 角井通直 氏

多彩な教員陣

2019年4月、
本町BDL(ビジネスデザインラボ)開設!
OsakaMetro御堂筋線「本町駅」直結
大阪DICビル4階

2020年秋、あべの新キャンパス誕生。

教室イメージ



ビジネスデザイン学科は2019年4月本町BDL【ビジネスデザインラボ】でスタートします(地下鉄御堂筋線をはじめとしたOsakaMetro各線「本町駅」直結)。2020年秋には9階建てのあべの新キャンパスが完成予定。新キャンパスは、ビジネスデザイン学科の学びのスタイルに合わせて、ディスカッション・プレゼンテーションが日常的に実施できる空間や、学生同士、また教員や企業人と密にコミュニケーションがとれるスペースなどを設ける予定です。さらに、ライブラリースペースや勉強の合間に一息入れるカフェなども併設します。


PBLやグループワークを行う少人数型の教室から、講義形式で受講する教室へと、授業スタイルにあわせて変化する教室を予定しています。


ビジネスデザイン学科の入試

アドミッション・ポリシー(求める学生像)

ビジネスデザイン学科の「アントレプレナー(起業家)の素養と実行力を持つ人を育てる」という教育目的を理解し、学科が実施する教育を通して、創造力と高いコミュニケーション力を身につけたいという意欲を強く持つ学生。

総合型選抜(企業採用型)

ビジネスデザイン学科では、チームワークや協調性、コミュニケーションが必要とされる授業が多いため、それらの力を多面的・総合的に判定します。
 





 

推薦入試、一般入試、大学入試センター試験利用入試

全問マークシート方式の学科試験と面接により総合的に判定します。
※専門学科・総合学科推薦入試、特別活動推薦入試の小論文型については学科試験(1教科)と小論文に加え、面接を実施します。
※大学入試センター試験利用入試については独自試験(学科試験、面接)は課しません。

 



 

動画で見るビジネスデザイン学科

転換期の世の中において、
企業でも行政でも必要となる教育だ。
泉大津市 南出賢一市長

 企業人と大学生が一緒になって学ぶ、
新しいPBL(問題解決型学習)

関西にこんな学科ができるとは思わなかった。非常に期待している。
早稲田大学 大学総合研究センター教授 日向野幹也 氏

このPBLは、社員でも知らなかったことが
見えてくる。
(株)ビームス 原田謙太郎 氏

リーダーシップ教育を受けた人が
これから活躍する。
アビームコンサルティング(株) 角井通直 氏

難しい理論だけでなく、
アクティビティを伴う科目に。
(株)エレクセ・パートナーズ代表取締役 永禮弘之 氏

関西だけでなく、
日本のどこにもないプログラムになる。
Project Initiative(株) 代表取締役 藤田勝利 氏

華道で磨かれた感性は、
あらゆるビジネスシーンで生かされる。
小原流専門認定教授 細坪弘美氏

絵で“見える化”することで、深いコミュニケーションを取ることができる。
イラスト思考開発者 松田純 氏

演劇的なアプローチを交え、その場にふさわしい声をデザインする力を養う。
フリーランスアナウンサー 堀江良信 氏

将棋は相手の考えを読み、最善を探す論理的思考を鍛えることができる。
女流棋士 山口絵美菜 氏

AI時代で活躍するために必須となる学びを行う画期的な学科。
イラスト思考開発者 松田純 氏

PAGE TOP