News

2019.11.20お知らせ・イベントキャンパスリポート

障がい擬似体験学習会を実施しました

本学では、学生自身が「音のない・光のない・身体の自由がきかない」身体の障がいについて考え学ぶことを目的に、障がい擬似体験学習会を毎年実施しています。今年度は11月9日(土)に実施し、13名の学生が参加しました。

午前中は、車イスやアイマスクをして白杖を使用しながらキャンパス内を移動し、普段の学生生活では気づきにくい障壁(バリア)について学びました。午後からは聴覚および視覚に障がいのある2名の在学生にお話いただきました。その他にも手話を学ぶなど、障がいについての理解を深めました。

参加学生からは、「障がいについて、体験してみないと、わからないことが本当に多かった」「手話を積極的に学びたい」「街中で困っている障がい者の方を見かけたら積極的に声をかけてサポートしたい」「障がいについて理解する貴重な機会だと思う」という声が聞かれました。

ニュース一覧

過去のお知らせ