桃山学院大学

法学部 法律学科[履修コースモデル]企業コースモデル/行政コースモデル/司法コースモデル

徹底した初年次教育と、人と人とのつながりで、
リーガル・マインドを育てる

画像:模擬裁判

様々な人との関わりのなかで、
人としての感性を磨く

人が暮らす社会のルールともいえる法律を学ぶ場として、人と人とのつながりを重視しています。
教員と学生、先輩と後輩が関わり合うなかで、リーガル・マインドを育みます。

警察官をはじめとした公務員、
一般企業への確かな就職実績

法曹界や公務員をはじめ、一般企業で生かせる企業法務や特許・著作権などの知的財産分野など、多様な知識を身につけられるため、将来の選択肢を大きく広げることができます。

画像:模擬裁判

就職状況

就職率 94.0% 2019年度卒業生 就職希望者に対する割合
業種別就職状況のグラフ
主な就職先(過去3年間)
  • 株式会社神戸製鋼所
  • 株式会社紀陽銀行
  • 株式会社関西みらいフィナンシャルグループ
  • THK株式会社
  • エースコック株式会社
  • 株式会社鳥取銀行
  • 大阪府警察本部
  • 兵庫県警察本部
  • 国税専門官
  • 警視庁
  • 和歌山県警察本部
  • 大阪府庁
  • 大阪市消防局
  • 国家公務員(一般職)
  • 大阪市役所
  • 株式会社池田泉州銀行
  • 株式会社日伝
  • 株式会社錢高組
  • 泉佐野市役所
  • ホーチキ株式会社

01公務員や法曹への強さを誇る実績

大阪府警をはじめ、公務員への合格者実績の高さが法学部の特徴のひとつ。
対策講座はもちろん、ステップ・アップ・セミナーでは、現役の警察官・消防官・弁護士などから直接話を聞くことができます。

授業と対策講座で公務員試験対策をサポート

公務員を目指す人のためのプログラムを「法学特講」(授業)として設定。外部から公務員試験対策のプロを講師として招き、模試など実戦対策のほか勉強法などを集中的に身につけます。また、「法学特講—社会の中の法体験」では、地域の課題を和泉市などと連携して考えていきます。

公務員合格実績 28名 2019年度法学部卒業生実績、延べ
● 主な公務員合格実績(過去3年間)
国税専門官/法務教官/大阪府庁/大阪市役所/泉佐野市役所/岩出市役所/警視庁/大阪府警察本部/兵庫県警察本部/奈良県警察本部/埼玉県警察本部/和歌山県警察本部/泉州南広域消防本部/自衛隊
● 法科大学院対策講座
法曹(弁護士・裁判官・検察官)になるには、法科大学院(ロースクール)に進学し、卒業後司法試験を受験するのが一般的。桃大法学部の卒業生も弁護士として活躍中です。法学部では、「法科大学院進学対策講座」を開講し、法曹を目指す人を支援しています。
● 司法試験合格者も実績を出しています
2011年度と2014年度に2名ずつ、2015年度と2016年度に1名ずつ、2017年度には3名の法学部卒業生が司法試験に合格しました。
● 法科大学院への合格実績(過去3年間)
大阪大学法科大学院/同志社大学法科大学院/大阪市立大学法科大学院/関西学院大学法科大学院/近畿大学法科大学院

PICK
UP!

法職インターンシップ

法学部独自のインターンシップ。法律事務所や大阪法務局など、法職の前提で就労体験を行います。弁護士の活動を間近で見て、目標がより現実的になるなど、就職活動へのモチベーションアップにもつながります。

02徹底した初年次教育

初年次教育の様子
基礎演習
専門性の高い学びだからこそ、初年次のしっかりした基礎教育を重視。
1年間かけて、法律の学びをスムーズにスタートできる環境を整えていきます。
入門科目・基幹科目の全員履修
全員がまず入門3科目を、続いて憲・民・刑の基幹3科目を履修することで、法的知識の基盤を固めていきます。
法職オリエンテーション
弁護士や元裁判官、公務員試験や法科大学院に合格した先輩学生などを講師として招き、職業観を養う講義を実施。仕事内容や体験談を聞ける貴重な機会となっています。

03高度な専門教育を支える、桃大独自の学修環境

講義の様子
法職セミナー室
法学関係資格・試験や法科大学院受験などの難関受験に挑む学生が利用する自習室。
ティーチング・アシスタント
論文をはじめとした文章の書き方や法律の勉強法など、法律分野の知識を学ぶための基礎を、丁寧に指導。

04実践的な学びの取り組み、法学実践演習

模擬裁判の様子

自分たちでシナリオを考え、模擬裁判や消費者劇を演じることで、学びを体感します。

カリキュラム(2020年度)

1年次 2年次 3年次 4年次
学科選択科目 憲法入門
民法入門
刑法入門
法職オリエンテーション
憲法・基本的人権
民法Ⅰ(総則)
刑法総論
働くことと法知識
憲法・統治機構A/憲法・統治機構B/民法Ⅱ(物権)/民法Ⅱ(担保物権)/民法Ⅲ(債権総論A)/民法Ⅲ(債権総論B)/民法Ⅴ(親族)/民法Ⅴ(相続)/刑法各論A/刑法各論B/労働法A/労働法B/企業法入門A/企業法入門B/商取引法Ⅰ/商取引法Ⅱ/民事訴訟法A/民事訴訟法B/刑事訴訟法A/刑事訴訟法B/国際法A/国際法B/経済法A/経済法B/知的財産法A/知的財産法B/ジェンダー法学A/ジェンダー法学B/法哲学A/法哲学B/論理学A/論理学B/日本法制史A/日本法制史B/西洋法制史A/西洋法制史B/行政学A/行政学B/政治学原論A/政治学原論B/行政法総論A/行政法総論B/国際関係論A/国際関係論B/国際機構論A/国際機構論B/国際政治事情研究A/国際政治事情研究B/地域研究ⅠA/地域研究ⅠB/地域研究ⅡA/地域研究ⅡB/法情報学/税法A/税法B/ミクロ経済学/マクロ経済学/外国書講読A/外国書講読B/公務員英語Ⅰ/公務員英語Ⅱ/企業コース英語Ⅰ/企業コース英語Ⅱ
民法Ⅳ(契約)/民法Ⅳ(不法行為)/会社法A/会社法B/手形法小切手法/支払決済法/行政法各論A/行政法各論B/社会保障法A/社会保障法B/民事執行法/破産法/民事再生法会社更生法/外国法A/外国法B/財政学Ⅰ/財政学Ⅱ/地方財政論Ⅰ/地方財政論Ⅱ/公共経済論Ⅰ/公共経済論Ⅱ/法職インターンシップ/法職ブラッシュアップ講座
法学特講(公務員対策、消費者法入門、社会の中の法体験、政治と行政 など)
演習
(ゼミナール)
基礎演習 専門演習A 専門演習B 専門演習C
【専門演習の一例】
刑事訴訟法・刑法の研究/事例で学ぶ民法/国際政治のしくみを学ぶ/民法と医事法の研究/知的財産権の研究/行政法の研究/株式会社の組織・運営・管理に関する法的諸問題 ほか
演習2 演習3・4
公務員試験を見据えたカリキュラム

基本六法のうち、公務員試験において重視される「憲法」「民法」「刑法」と公務員試験を見据えた各対策科目を配置。授業をしっかりと受講することで、公務員を目指せる仕組みになっています。

2年次から3つの履修コースモデルを参考に履修する

将来設計に沿った学修を進めるため、2年次から3つの履修コースモデルを設定。
企業就職にも有利な資格取得を目指す※など、将来の目標に合わせて履修できます。
※各種検定試験・資格試験 受験の奨励
例)法学検定、ビジネス実務法務検定、宅地建物取引士など

桃大多面考察

今話題のテーマについて、法学部の視点で考察します。

「価値観の多様化」を法学部の視点で考える!
「AI(人工知能)」を法学部の視点で考える!
「YouTuber」を法学部の視点で考える!

法学部の学びを
動画で体験しよう

法学部の詳細は
こちら
入試情報は
こちら
資料請求は
こちら