News

2019.4.26お知らせ・イベント

【メディア出演】ラヂオきしわだの番組に、齋藤かおる准教授(社会学部社会福祉学科)と、本学卒業生の浅井登さん(堺市東断酒会 会長/リカバリーパレード関西 副実行委員長)が出演します

5月4日(土)、ラヂオきしわだに齋藤かおる准教授(社会学部社会福祉学科)と本学卒業生の浅井登さん(堺市東断酒会 会長/リカバリーパレード関西 副実行委員長)ご夫妻が出演し、「愛の形」をめぐって語り合います。

番  組: ラヂオきしわだ「町の福祉と若者たち」
放 送 日: 5月4日(土) 20時~20時30分
再放送日: 5月11日(土)・18日(土)・25日(土) 20時~20時30分

内  容:
「愛」とは、何か?それは、美しい関係性、のはずです。けれども、周囲の人々が「愛」と呼びたくなるような関係性は、その関係性の当事者たち自身にとっては表面的な美しさからは程遠い、むしろ地を這う「闘い」とでも呼びたくなるようなものであったりもします。
そして、そのような「闘い」を周囲の人々が安易に「愛」と呼んでしまうことは、国や社会が果たすべき役割(公の責務)を当事者の目標(個の努力課題)にすり替えてしまう、そういうリスクを伴ったりもします。
それでもやはり、とにかく周囲の人々が「愛」と呼びたくなるような関係性がそこにあるということは、形のないはずの「愛」の具体的な形がそこにあるということです。偽りのない、共に生きようとする命の姿がそこにあるということです。
今回は、そのあたりのことを踏まえつつ、様々な困難からの回復の道のりを共に重ねてこられたご夫妻の証言をあらためて伺い、形のない「愛」の具体的な形を考える手がかりを探ります。

ラヂオきしわだ: 79.7 MHz (パソコン・スマートフォンからも聴くことができます)

ニュース一覧

過去のお知らせ