News

2019.9.24お知らせ・イベントキャンパスリポート

社会福祉学科4年次の中野剛志さんが、全国学生相撲個人体重別選手権大会で3位となりました

9月1日(日)に東京都の靖国神社相撲場で行われた全国学生相撲個人体重別選手権大会で、本学の社会学部社会福祉学科3年次の中野剛志さんが75kg未満級で3位となりました。おめでとうございます!

中野さんは小学校から相撲を始め、高校時代は近畿大会で優勝するなどの成績をおさめました。一方で社会福祉分野に強い興味を持ちはじめ、高校卒業後に別大学に入学するも、より深く学びたいという思いから2018年4月に本学に編入。平日は授業と学内でのトレーニング、休日は外部の相撲場で稽古を行い、学びと相撲の両立に努力しています。2018年の夏に行われた西日本学生相撲個人体重別選手権では、優勝という輝かしい成績をおさめました。

「3位にはなりましたが、優勝できなくて本当に悔しいです。今年11月にあるインカレでは、無差別級に出場します。選手の中で身長はかなり低い方なのですが、自分より大きい選手を思い切り投げ飛ばしたいです」と今後の意気込みを語ってくれました。今後の活躍を期待しています。

ニュース一覧

過去のお知らせ