日常のあらゆる出来事が学びにつながる。 社会学部社会学科

こんな人向けの学びです

この学科で学ぶメリット!

音楽も、
スポーツも、
恋愛も、エコも!
1世の中すべてが
学びのフィールド

世の中すべてが学びの対象。現代社会を多様な視点から理解します。

世の中すべてが学びの対象。
現代社会を多様な視点から
理解します。

たとえば、子どもの教育を通して社会の問題を考えたり、若者に人気の商品から世の中のトレンドを探ったり、最新の環境活動から将来の日本について考えたり…。世の中のありとあらゆるテーマを学べることが、社会学科の魅力のひとつ。自分だけのテーマを見つけて学びましょう。

広告代理店や
地域の団体と
コラボ!
2学生リーダー
育成プロジェクト

社会貢献できる人材の育成を目的として、学生の自主的な活動を桃大が支援。授業やゼミの垣根を越えて集まった学生たちがさまざまなイベントを企画、運営しながら、実践的に社会調査の手法を学びます。

  • 企業の取り組みと関わる 社会調査応用プログラム

    企業の取り組みと関わる社会調査応用プログラム

  • 地域の課題と関わる コミュニティ・アクション・プログラム

    地域の課題と関わるコミュニティ・アクション・プログラム

  • 次世代の子どもたちと関わる 思いやりを育むプログラム

    次世代の子どもたちと関わる思いやりを育むプログラム

  • ポピュラー文化の発信に関わる メディア文化実践プログラム

    ポピュラー文化の発信に関わるメディア文化実践プログラム

活動実績を見る

学生リーダー育成プロジェクトfacebook

社会調査士の
資格取得を
めざせる!
3社会調査の
スキルが身につく

実践的な調査技術を修得し、社会調査のプロを養成。

実践的な調査技術を修得し、
社会調査のプロを養成。

社会現象における背景の解明や、消費者ニーズのリサーチにおいて、大量のデータを収集し分析する力がますます必要になっています。社会学科では、アンケート調査から聞き取り調査まで、さまざまな調査方法を少人数クラスでの実習を通して習得し、将来に向けた資格取得を目指します。実際に調査や分析を行う「社会調査実習室」があり、プレゼンテーション用の機器も完備しています。

学科の学び方

学びを自由に組み立てられる!3つの履修モデル

社会学科では、「文化デザインモデル」「生活デザインモデル」「社会デザインモデル」という3つの履修モデルを設けています。これを参考にしながら、自分の関心に合わせて自由にカリキュラムを組むことができます。

  • 家族や職場、地域などの課題を考える生活デザインモデル

    家族や職場、地域などの課題を考える生活デザインモデル

  • 現代文化を中心に社会を探究する文化デザインモデル

    現代文化を中心に社会を探究する文化デザインモデル

  • 人間関係に注目して広く社会を学ぶ社会デザインモデル

    人間関係に注目して広く社会を学ぶ社会デザインモデル

履修モデルについて詳しく見る

  • 目指せる資格一覧

    社会調査士など学科ならではの
    資格取得が可能!

    社会調査士 中学校教諭一種免許状(社会科) 高等学校教諭一種免許状(公民科/地理歴史科)
    司書 司書教諭 博物館学芸員 日本語教員 社会福祉主事任用資格 児童指導員任用資格

先輩たちはどんなところに就職している?

就職実績・卒業生の声を見る

ほかの学科も
チェック!

  • 国際教養学部 英語・国際文化学科
  • 社会学部 社会学科
  • 社会学部 社会福祉学科
  • 法学部 法律学科
  • 経済学部 経済学科
  • 経営学部 経営学科