研究・地域連携

研究について

共同研究プロジェクト研究および研究成果

現代的課題にふさわしい研究システムを構築するためには、共同研究や受託研究をはじめとして、
国内外の研究機関等との多様な連携を推進していくことが極めて重要になってきています。
本学では、学術研究の計画的・効率的推進を図るため、各種研究助成費を配分し研究を推進しています。
また、その知的資源、研究成果については、社会の要請ならびに地域社会の発展に貢献するという観点のもとに、
地域社会と連携しつつ各種事業を行っています。研究成果については、紀要での発表をはじめ、
本学総合研究所webサイトおよび 「 CiNii(NII論文情報ナビゲータ)」等を通じネット上でも公開しています。

主な研究活動

以下をはじめ、総合研究所サイトで詳しくご紹介しています。

地域連携について

-産学官連携-

和歌山県日高川町との連携

平成30年3月29日に連携協力に関する協定を締結しました。

協定の主な内容

和歌山県地域体験交流事業「大学のふるさと」を実施。
「大学生による地域交流体験事業を通じた地域の活性化」

高知県との就職支援に関する協定を締結

平成30年2月19日(月)に高知県と就職支援に関する協定を締結いたしました。

協定の主な内容

株式会社関西都市居住サービスとの連携

平成29年5月19日に連携協力に関する協定を締結しました。

協定の主な内容

多様な分野における包括的連携・協力に関する協定を締結。

和歌山県白浜町との連携

平成28年7月29日に連携協力に関する協定を締結しました。

協定の主な内容

多様な分野における包括的連携・協力に関する協定を締結。

岸和田市との連携

平成28年7月8日に連携協力に関する協定を締結しました。

協定の主な内容

地域社会の発展とその基盤となる人材育成に寄与することを目的として、双方が包括的に連携・協力する。

株式会社紀陽銀行との連携

平成27年9月7日に連携協力に関する協定を締結しました。
今回の協定では、産学官連携や各種の地域貢献活動を通じて
地域密着型の金融機関をめざされております紀陽銀行との連携によって、
南大阪に加えて和歌山県において「地域社会」をフィールドに、さまざまな体験型教育の展開が
可能になるとともに、「大学の知見」と「若者ならではの力」を活かし、
地域の抱える課題の解 決に向けて貢献できるものと考えております。

協定の主な内容

地方創生における事業等を含むもので、互いに以下の内容にて連携協力する。

和泉市との連携

2003年4月に、和泉市と生涯学習連携事業に関する協定書を締結いたしました。
2007年8月に、和泉市と包括連携に関する基本協定書を締結いたしました。

協力・協働事業

協力・協働事業/災害対策に関する事業に基づき、
2009年5月に「災害時における相互協力・相互支援のための覚書」を締結いたしました。
この覚書には、和泉市域に大規模な災害が発生したとき、被災者を支援するために、
大学がもつ知識や技術を生かし、高齢者や障害者などの要援護者や、
外国人被災者への支援活動を行うことが規定されており、避難場所としての大学施設の提供だけでなく、
積極的な人的支援を含めた全国的にもめずらしい災害支援内容となっています。

河内長野市との連携

2013年2月に、河内長野市教育委員会と連携協力に関する協定書を締結いたしました。

連携事項

連携事項「生涯学習の振興に関すること」に基づき、
河内長野市の生涯学習の振興として、2013年度から河内長野市民大学「くろまろ塾」に
講座を提供することとしました。

泉大津市との連携

2013年7月に、泉大津市と連携協力に関する協定書を締結いたしました。

連携分野

愛媛県との連携

2014年3月に、愛媛県と就職支援に関する協定書を締結いたしました。

連携協力事項

香川県との連携

2014年12月4日に、香川県と就職支援に関する協定を締結いたしました。
本学での学びを通して、香川県を支える人材を少しでも多く輩出していく様、今後も取り組んでまいります。

連携協力事項

大阪府立産業技術総合研究所との連携

大阪府立産業技術総合研究所と締結(2000年7月、2006年3月再締結)してした「学術研究・情報相互交流に関する協定」を、
同研究所が地方独立行政法人化したことに伴い、2012年4月に再締結しました。

南大阪地域地場産業振興センターとの連携

2001年10月に、南大阪地域地場産業振興センターと相互交流協定を締結いたしました。

テクノステージ和泉まちづくり協議会

テクノステージ和泉(産業団地)進出企業の会員相互の交流・親睦・情報交換等を図り共通の利益増進に努め、
地域社会の発展に寄与するため2001年12月「テクノステージ和泉まちづくり協議会」を設立。
同協議会では、テクノステージ和泉緑地協定の適正な運用等、良好な産業団地としての街づくりが図られています。
桃山学院大学は2008年5月より特別会員となっています。

テクノステージ和泉まちづくり協議会ホームページ

トリヴェール和泉西部地区連絡協議会

2009年4月に、和泉市の工業団地「トリヴェール和泉西部地区」に進出している企業が、
各社の連携強化と地域環境の向上を目指して「トリヴェール和泉西部地区連絡協議会」を結成いたしました。
協議会には特別会員で桃山学院大学や産業技術総合研究所が参加。
オブザーバーとして和泉市、和泉商工会議所も参画しています。

その他

大学として、大阪商工会議所に加盟、法人として和泉商工会議所、関西生産性本部および堺経営者協会に加盟しています。
また、会員制フォーラムである「産学フロンティア会議」
(主催:産経新聞社、運営:関西生産性本部)にも参加しています。