News

2020.2.25お知らせ・イベントキャンパスリポート

社会福祉学科 2019年度 実習懇談会を開催しました

2月14日(金)、スイスホテル南海大阪において、社会福祉学科 2019 年度 実習懇談会を開催しました。

実習指導でお世話になった施設・機関の実習指導者や関係者の方々に多数ご参加いただき、本学からは牧野丹奈子学長をはじめ、川井太加子社会学部長、専任教員、兼任講師、教務課長及び実習指導室職員が参加しました。冒頭の牧野学長からのご挨拶では、学生がコミュニケーションにおいて学びを深めたことが実習報告書から読み取れるとの総評をいただきました。

全体会では、2019年度に本学に着任した小野達也教授より「増進型福祉というチャレンジ」というテーマで、幸せな地域社会の実現のために問題解決型から目的実現型へ考え方を転換する地域福祉についての講演が行われました。続いて、梅谷進康准教授より「社会福祉士のカリキュラム改正」、辻井誠人教授より「精神保健福祉士のカリキュラム改正」について、現時点で厚生労働省から示されている資料を基に情報提供が行われました。最後に実習についての情報交換が各参加者の皆様と本学教員とで行われ、本年度の実習の振り返りと次年度に向けての活発な意見交換が行われました。

今年度は社会福祉実習で47名(5分野)、精神保健福祉援助実習でのべ13名(2分野)、介護福祉コースでのべ39名(介護実習Ⅰ、実習Ⅱ、実習Ⅲ)が実習を終了することができました。今回の懇談会にご参加くださった方々のみならず、本学の学生たちを福祉の現場実習に温かく迎え入れてくださり、社会福祉の専門職に向けて大きく成長させていただきました全ての実習指導関係者の皆様に、心より感謝申し上げます。

ニュース一覧

過去のお知らせ