留学・国際体験

国際センター
SGP:SuperGlobalProgram

桃山学院大学のコロナ禍における国際交流の方針について


現時点では新型コロナウイルス感染症の拡大により、海外への渡航が非常に困難な状況が続いています。
昨年度は、一旦は留学先に赴いたにもかかわらず断腸の思いで留学を中断し、帰国を余儀なくされた方もいましたし、その後も留学の要件を満たして派遣を認められながらも渡航できなかった方々もいます。留学に期待して本学に入学された学生の皆さん、本学で国際体験をしたいと考えておられた皆さんにとって、学生時代の限られた時間の中で海外での国際体験の機会を奪われることとなり、本当に心が痛みます。

桃山学院大学は、国際交流の機会を可能な限り生かせるよう、学生の皆さんを安全に派遣できる方策を模索し、この度、新たに派遣可否判断基準を作成しました。
新たな派遣可否判断基準に基づき、学生の健康と安全を最優先に考慮したうえで、一定の条件を満たす留学先について段階的に派遣を再開していきます(※1)。

加えて、本学ではこれまで培ってきた豊富な実績(※2)をもとに、建学の精神である「世界の市民の養成」を続けます。
オンラインを活用した海外協定校等とのプログラムを提供し、新型コロナウイルス感染症が収束したときにも、引き続きオンラインを活用した国際交流を継続・推進します。
これらに加えて、国際交流特別講義、英語による講義、多文化共生や異文化理解に関する他大学学生との共修授業、外国語教育センターでのワークショップもこれまで以上に増やしていきます。また、海外協定校もさらに増加しています。

学生の皆さんには、海外派遣を含めた対面交流の機会が制約されるコロナ禍だからこそ、派遣が再開した際に、より高い学習効果が得られるための準備期間として、本学が提供するオンラインや国内での国際交流の機会も積極的に活用いただきたいと思います。

副学長(国際交流担当)中野 瑞彦

※1 詳細については、国際センターまでお尋ねください。
※2 2019年度海外留学者数 251名
   協定校 25の国・地域、62の大学(現在、新たに3大学と協定締結に向け、協議中)

桃山学院大学のコロナ禍における国際交流の方針について

現時点では新型コロナウイルス感染症の拡大により、海外への渡航が非常に困難な状況が続いています。
昨年度は、一旦は留学先に赴いたにもかかわらず断腸の思いで留学を中断し、帰国を余儀なくされた方もいましたし、その後も留学の要件を満たして派遣を認められながらも渡航できなかった方々もいます。留学に期待して本学に入学された学生の皆さん、本学で国際体験をしたいと考えておられた皆さんにとって、学生時代の限られた時間の中で海外での国際体験の機会を奪われることとなり、本当に心が痛みます。

桃山学院大学は、国際交流の機会を可能な限り生かせるよう、学生の皆さんを安全に派遣できる方策を模索し、この度、新たに派遣可否判断基準を作成しました。
新たな派遣可否判断基準に基づき、学生の健康と安全を最優先に考慮したうえで、一定の条件を満たす留学先について段階的に派遣を再開していきます(※1)。

加えて、本学ではこれまで培ってきた豊富な実績(※2)をもとに、建学の精神である「世界の市民の養成」を続けます。
オンラインを活用した海外協定校等とのプログラムを提供し、新型コロナウイルス感染症が収束したときにも、引き続きオンラインを活用した国際交流を継続・推進します。
これらに加えて、国際交流特別講義、英語による講義、多文化共生や異文化理解に関する他大学学生との共修授業、外国語教育センターでのワークショップもこれまで以上に増やしていきます。また、海外協定校もさらに増加しています。

学生の皆さんには、海外派遣を含めた対面交流の機会が制約されるコロナ禍だからこそ、派遣が再開した際に、より高い学習効果が得られるための準備期間として、本学が提供するオンラインや国内での国際交流の機会も積極的に活用いただきたいと思います。


副学長(国際交流担当)中野 瑞彦


※1 詳細については、国際センターまでお尋ねください。
※2 2019年度海外留学者数 251名
   協定校 25の国・地域、62の大学(現在、新たに3大学と協定締結に向け、協議中)

オンラインで世界中の仲間と繋がるOnlineBuddy 英語・日本語でつながろう!外国語教育センターの課外プログラム&ワークショップ
国際色豊かな桃山学院大学の学生による日々の国際交流の様子を紹介 留学先での様子を桃山学院大学 国際センターのFacebookページで紹介しています。国際センターのFacebookページはこちらから