News

2020.12.4重要お知らせ・イベント

桃山学院大学のコロナ禍における国際交流の方針について

新型コロナ感染症の拡大により海外への渡航が非常に困難な状況となっています。

この春には既に留学しているにもかかわらず断腸の思いで留学を中断し帰国を余儀なくされた方もいましたし、その後も留学の切符を手に入れながらも渡航できなかった方々もいます。また、留学に期待して本学に入学された学生の皆さん、本学で国際体験をしたいと考えておられた皆さんにとって、学生時代の限られた期間で海外での国際体験の機会を奪われることとなり、本当に心が痛みます。

本学では、新型コロナ感染症が収束し、学生の皆さんを安全に派遣できる方策を模索しているところですが、残念ながら、現時点では皆さんが安心して海外に渡航できる日の見通しがつかない厳しい状況にあります。

しかしながら、桃山学院大学は、国際交流の機会を止めません。

これまで培ってきた豊富な実績(※)をもとに、建学の精神である「世界の市民の育成」を続けます。

オンラインを活用した海外協定校等とのプログラムを提供し、新型コロナウイルス感染症が収束した場合も、オンラインを活用した国際交流を継続・推進します。
その他、国際交流特別講義、英語による講義、外国語教育センターでのワークショップも多数開講しています。また、海外協定校もさらに増加しています。

桃山学院大学の国際交流のさらなる発展を期待していてください。

副学長(国際交流担当)中野 瑞彦

【参考】
留学・国際体験のページ
https://www.andrew.ac.jp/international/

※2019年度海外留学者数 251名
協定校 25の国・地域61校(現在、新たに3大学と協定締結に向け、協議中)

ニュース一覧

過去のお知らせ