NEWS

お知らせ
2021.5.12
お知らせ・イベント
【メディア掲載】『週刊ポスト』(2021年5月7日・14日号)に松村昌廣教授(法学部法律学科)のコメントが掲載されました

小学館が発行する『週刊ポスト』(2021年5月7日・14日号)に松村昌廣教授(法学部法律学科)のコメントが掲載されました。

「中国が台湾侵攻なら日本にとっても死活問題 次は尖閣、沖縄が狙われる」という記事では、日米首脳会談において52年ぶりとなる、異例の「台湾海峡の平和と安定の重要性」が明記されたことを取り上げています。
記事内で松村教授は、以下のようにコメントしています。

<松村教授のコメント一部抜粋>
「中東で石油や天然ガスを積み込んだタンカーは、台湾海峡を通過して日本に入ってくる。ここは日本にとって安全保障上、極めて重要なシーレーン(海上交通路)で、中国が台湾を組み込んでしまうと台湾海峡を使えなくなる可能性がある」

【参考URL】
▼NEWSポストセブン(運営:小学館)
「中国が台湾侵攻なら日本にとっても死活問題 次は尖閣、沖縄が狙われる」
https://www.news-postseven.com/archives/20210501_1654944.html?DETAIL