NEWS

お知らせ
2021.10.6
お知らせ・イベント
【メディア掲載】産経新聞に金澤ますみ准教授(社会学部社会福祉学科)のコメントが掲載されました
9月22日(水)、産経新聞に金澤ますみ准教授(社会学部社会福祉学科)のコメントが掲載されました。

「スクールソーシャルワーカー 子どもと福祉支援をつなぐ扇の要」という記事は、連載コーナー「チーム学校 ~支援の現場から~」に掲載されました。金澤准教授は、スクールソーシャルワーカー(以下「SSW」という)としての勤務経験がある児童福祉の専門家として、SSWの多くが非正規雇用で、子どもたちに対する支援の時間が足りない現状であることなどを受け、以下のようにコメントしています。

<記事内での金澤准教授のコメント>
勤務時間が短いと、SSW自身が子どもや保護者に十分に関われず、教員への助言が中心になってしまう。SSWが提案した専門的支援を教員が担わなければならなくなり、教員の負担が増すという事態が生じている。
多くのSSWが、限られた時間内で子どもを救えるのかというジレンマを抱えている。教員の働き方改革を進めるためにも、一刻も早く全国で正規雇用のSSWを増やすべきだ。

【参考URL】
▼産経新聞
「[チーム学校]スクールソーシャルワーカー 子どもと福祉支援をつなぐ扇の要」
https://www.sankei.com/article/20210922-YDVPSJE7TVJZ5HPTZNEPBDIPYQ/

なお、当該の記事は以下のサイトに転載されています。

▼Yahoo!ニュース
「[チーム学校]スクールソーシャルワーカー 子どもと福祉支援をつなぐ扇の要」
https://news.yahoo.co.jp/articles/2a485667a91d874053e95c8cd0ef43530c3021d9