News

2021.11.8お知らせ・イベント

【メディア掲載】串田久治名誉教授の書籍が高校生向け文部科学省検定教科書『言語文化』(発行:文英堂)に採用されました

2022年4月に出版予定の高校生向け文部科学省検定教科書『言語文化』(発行:文英堂)に、串田久治名誉教授の書籍『無用の用 —中国古典から今を読み解く』(発行:研文出版)が採用されました。

■高校生向け文部科学省検定教科書『言語文化』特徴(文英堂Webサイトより抜粋)
思考力 ・表現力 を伸ばす多彩なコラム・言語活動

「『枕草子 』『方丈記』『徒然草』の世界」「旅と紀行文」「日本文学と中国文学」など、教材と教材、教材と生徒たちをつなぐ多彩なコラムを収録しています。古典について深く考え、思考力 を伸ばすことができます。
また、「『ものづくし』で随筆を書いてみよう。」などの言語活動例も紹介しています。古典に触れながら、表現力も伸ばすことができます。

■『無用の用 —中国古典から今を読み解く』概要(研文出版Webサイトより引用)
中国古典を拠り所として、その時々の事件や問題に端を発して書いたコラム。民族や文化の違いを超え、時代を超えて、人間として理解し合えるところを考え、今を、そして未来を立ち止まって見つめようとする試み。


【参考URL】
▼文英堂Webサイト
高校生向け文部科学省検定教科書『言語文化』
https://www.bun-eido.co.jp/products/?menu=5&submenu=146&code=28707

▼研文出版Webサイト
『無用の用 —中国古典から今を読み解く』
https://www.kenbunshuppan.com/エッセイ/#product-desc-9517892492

ニュース一覧

過去のお知らせ