複雑な社会現象を、総合的・包括的に分析。 大学院社会学研究科

社会学研究科長からのメッセージ

川井 太加子 教授

川井 太加子 教授

 急激な社会変動を受けて、現代社会を研究対象とする社会学研究科の面白さは大きくなってきています。社会学研究科の3つの分野、現代社会、現代文化、社会福祉は、複雑な社会現象を固有の視角から分析する、それぞれの特性をもっています。同時に、これらの分野を絶えず現代化し、総合化し、共同化することによって、全体としての現代社会を理解することが可能になります。本研究科は高度化・複雑化する現代社会の諸問題に対して理論と実践の両面からアプローチします。社会学研究科にはいろんな可能性があります。若くてユニークな先生がいっぱい。研究する喜びを見つけに来てください。

学びのポイント

ポイント1時代を読み解き、社会学を追究する3つの分野

社会学研究科では、社会生活を構成する〈職場〉〈地域〉〈家庭〉にかかわる研究を行う「現代社会分野」、現代文化の諸相とその思想にかかわる研究を行う「現代文化分野」、高齢者、障がい者、児童から地域福祉、さらには精神保健にいたるまでの研究を行う「社会福祉分野」の3分野を配置しています。

ポイント2分野横断的に諸科目を有機的に学ぶカリキュラム

高度化・複雑化する現代社会が抱えるさまざまな問題にアプローチするためには、幅広い知識と実践力が求められます。社会学研究科では、研究指導科目として演習と講義科目によって構成されている3分野の授業科目に加え、分野共通科目を有機的に組み合わせた実践的なカリキュラムを用意しています。

ポイント3修了後の進路を想定した履修モデルを設置

3分野を中心とした授業科目の編成には、企業や公益法人のフィランソロピー専門職、シニアライフアドバイザー、メセナ専門職、広報専門職、さらに社会福祉専門職、福祉公務員、社会福祉法人の管理運営職など、本研究科修了後の進路を想定した履修モデルを各分野に2モデル、合計6モデルを設定しています。

博士前期課程(応用社会学専攻)の学び

「現代社会」、「現代文化」、「社会福祉」の3分野を設置。それぞれの分野における諸課題に対応できる高度な専門的知識と実践力を有する担い手を育成することに主眼を置いています。

現代社会分野
「職場・地域・家族」の問題が複雑に影響し合う現代社会。本分野では、それぞれの場に関わる実証的・理論的研究を通じ、現状認識を深め、多様な問題について諸要因の関連を明らかにし、理解を深めます。
現代文化分野
文化現象そのものを対象とする研究は、いまや社会学の中で大きな位置を占めています。現代文化の諸相とその思想に関わる実証的・理論的な研究をおこないます。
社会福祉分野
高齢社会への対応を軸に、社会は新たな福祉の構築を迫られています。高齢者、障がい者、児童から地域福祉、精神保健にいたる実証的・理論的研究を通じ、広範な専門知識と実践的な問題解決能力を育成します。

カリキュラムを詳しく見る

博士後期課程(応用社会学専攻)の学び

多様な社会問題や文化現象を対象に、幅広い視野と複合的多角的視野を持って研究を深める
近年の急速な社会変動、すなわち高度産業化、国際化の進展に伴って、これらの変動に対応する優れた見識と高度な専門的能力を有する人材の養成が広く求められています。そのため社会学研究科博士後期課程では、そのような社会的ニーズに応えることのできる、きわめて高度な研究・調査能力を持つ専門家・研究者の養成を目的としています。多様な社会問題や文化現象を対象に、それらの問題の解決や、現象の意味を解読するという応用社会学の基本課題を前提に、選択されたテーマについて、幅広い視野と複合的多角的視野を保持しつつ分析・研究を深めていきます。

カリキュラムを詳しく見る

取得できる教育職員免許状の種類と教科(博士前期課程)

  • 専攻

    応用社会学専攻
  • 高等学校教諭 専修免許状

    公民、福祉
  • 中学校教諭 専修免許状

    社会

当該免許教科についての中学校教諭一種または高等学校教諭一種免許状の取得資格を有するものに限ります。

2018年度入学定員

  • 研究科

    社会学研究科
  • 博士前期課程

    • 専攻

      応用社会学専攻
    • 入学定員

      10名
    • 募集人員

      10名
    • 収容定員

      20名
  • 博士後期課程

    • 専攻

      応用社会学専攻
    • 入学定員

      3名
    • 収容定員

      9名

 

入試情報はこちらから

社会学研究科「3つの方針」

社会学研究科ではどのような学生を受け入れ、どのような教育を行い、どのような人材として社会に送り出すかという方針「3つの方針」を示しています。

3つの方針を詳しく見る