社会学研究科3つの方針

どんな学生を受け入れ、どんな教育を行い、
どんな人材を送り出すかという方針を示します。

社会学研究科の教育目標は、桃山学院大学大学院学則第3条の2に定めてあるように、「急速に変貌し複雑化する現代社会、多様な文化現象、重要性を増す社会福祉などの諸問題に対応しうる研究者および高度専門職業人の育成」である。この目標に従って、社会学研究科の3つの方針(ポリシー)を以下のように定める。

ディプロマ・ポリシー (学位授与の方針)

社会学研究科の教育目標と人材養成目的により、学位授与の方針は以下の通りとする。

[ 博士前期課程(修士課程)]

1)修士(社会学)の学位の要件は、博士前期課程に所定の年数以上在学し、現代社会、現代文化、社会福祉の3研究分野から研究テーマにふさわしい科目を選択履修して、基準となる単位数以上を修得するとともに、必要な研究指導を受け修士論文を提出し、論文の審査および最終試験に合格することである。
2)修士学位申請論文は、広い視野に立った精深な学識、および専攻分野における研究能力または高度の専門性を要する職業等に必要な高度の能力とその基礎となる豊かな学識を示すに足るものである。具体的には、修士学位論文は、次のいずれかの能力を示すに足るものをもって合格とする。
 ・企業、官庁、研究機関等において、高度に専門的な職業人として活躍できる能力。
 ・社会福祉の専門家として社会で活躍できる能力。
 ・博士後期課程に進学して、自立した研究者を目指して研究を継続していく能力。

[博士後期課程]

1)博士(社会学)授与の要件は、本大学院に所定の年数以上在学し、基準となる単位数以上を修得するとともに、必要な研究指導を受け、博士学位申請論文を提出した上で、博士論文の審査及び最終試験に合格することである。
2)博士学位申請論文の合格基準は、専攻分野について研究者として自立して研究活動を行うに必要な高度な研究能力、また、高度に専門的な業務に従事するに必要な高度な研究能力とその基礎となる豊かな学識を示すに足るものである。具体的には、博士学位申請論文は、次のいずれかの能力を示すに足るものをもって合格とする。
 ・企業、官庁、研究機関等において、高度に専門的な業務に従事可能な職業人として活躍できる能力。
 ・社会福祉の高度に専門的な業務に従事可能な専門家として社会で活躍できる能力。
 ・大学や研究機関において、自立した研究者・教育者として活躍できる能力。

カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)

社会学研究科の教育目標に基づき、以下のような方針に従って、教育課程を編成している。

[ 博士前期課程(修士学位)]

現代社会、現代文化、社会福祉の3研究分野を設け、現代社会分野ならびに現代文化分野においては、「全体的視野」と「トータルな認識」を、社会福祉分野については「実践」をキーワードとして教育を実施している。このことにより広い視野に立ち、応用社会学の手法を用いて対象をとらえることができ、また福祉の現場での実践を可能とする学識を習得できるように教育課程を編成している。 修士課程(博士前期課程)のカリキュラム構成は、大学の社会学部社会学科および同社会福祉学科のカリキュラムに対応するとともに、3つの研究分野も、学部のそれに対応したものとなっている。すなわち現代社会分野および現代文化分野は社会学科の生活デザインモデル・社会デザインモデルおよび文化デザインモデルに対応し、社会福祉分野は社会福祉学科の福祉フィールドワークモデル・ソーシャルワークモデル・臨床ソーシャルワークモデル・コミュニティプラクティスモデル・ソーシャルポリシーモデルに対応している。また、共通分野には社会学の基礎にある社会学理論と社会調査に関する科目が配当されている。このように修士課程(博士前期課程)の3研究分野は、社会学部が重点領域として措定する研究分野を、より高度なものとするように設定されており、学部と修士課程(博士前期課程)には教育上の有機的な連携が確保されている。

[博士後期課程]

「専攻分野について、研究者として自立して研究活動を行い、又はその他の高度に専門的な業務に従事するために必要な高度の研究能力及びその基礎となる豊かな学識を養う」という博士後期課程の教育目標に合致した教育課程が編成・実施されている。博士後期課程の教育は特殊演習と選択科目の履修によって行われる。選択科目は特殊研究という名称がつけられているが、特殊演習との関連で、より広い視野からの履修が可能になるように設定されている。

アドミッション・ポリシー (入学者受入れの方針)

[博士前期課程(修士課程)]

社会学研究科の教育目標に基づき、大学卒業程度の学力を有する以下のような学生を広く求めている。

社会学分野の学部・学科を卒業後、現代社会・現代文化についての専門知識を一層深めつつ、自らのテーマをさらに探究し、修士論文として完成させることを希望している人
企業や行政の場などで積んだ実践的経験を、現代社会・現代文化についての幅広い科学的視点から、実証的・理論的な研究としてまとめあげていくことを希望している人
社会福祉学分野の学部・学科を卒業後、社会福祉についての専門的知識を一層深めつつ、自らのテーマをさらに探究し、修士論文として完成させることを希望している人
社会福祉の現場で積んだ実践的経験を、社会福祉学の広範な体系的知識と専門的視点から、実証的・理論的な研究としてまとめあげていくことを希望している人

[博士後期課程]

社会学研究科の教育目標に基づき、修士課程(博士前期課程)を修了した以下のような学生を求めている。

社会学分野の修士課程を修了後、現代社会・現代文化についての広範な知識をふまえつつ専門的研究を一層深め、自らのテーマを博士論文として完成させることを希望している人
社会学分野の修士課程を修了後、企業や行政の場などで積んだ実践的経験を、現代社会・現代文化についての専門的な社会学的知識と分析視点に基づいて、実証的・理論的な研究としてまとめあげていくことを希望している人
社会福祉学分野の修士課程を修了後、社会福祉についての広範な知識をふまえつつ専門的研究を一層深め、自らのテーマを博士論文として完成させることを希望している人
社会福祉学分野の修士課程を修了後、社会福祉の現場で積んだ実践的経験を、社会福祉学の専門的知識と分析視点に基づいて、実証的・理論的な研究としてまとめあげていくことを希望している人

このような方針のもとに、修士課程(博士前期課程)では、多様な人材を国の内外から広く受け入れるために、9月と2月の2回、それぞれ「一般入試」、「社会人入試」、「留学生入試」、「学内推薦入試」の4区分により実施している。博士後期課程では、博士論文を執筆する過程として社会人、留学生という枠組みを設定することは不適切と判断しているため、「一般入試」のみ実施している。