News

2020.4.7お知らせ・イベントキャンパスリポート

学生の皆さんへ


-皆で命を守りましょう-

 
 

このたび新型コロナウイルス感染症の拡大により、尊い命を落とされた方、また現在もこの病に罹患され、苦しい治療生活を強いられている方々におかれましては、心からお見舞い申し上げます。



 

学生の皆さんへ

 

毎日、新型コロナウイルスのニュースが流れています。

これらのニュースを積極的に見るようにしてください。

 

今、世界で多くの方が亡くなっています。

日本も決して楽観できる状況ではありません。

 

そして、今日、この国ではじめて「緊急事態宣言」が出されました。

 

これは「命」の問題です。

 

桃山学院の「キリスト教精神」は「自由と愛の精神」です。

 

自由には他者への愛と責任がともないます。

 

「自由」とは一人ひとりの人格と主体性を尊重すること、「愛」とは互いに仕えあいながら他者と共に生きることです。

 

この「自由と愛の精神」は、単にキリスト教の立場だけではなく、すべての人間が一致しうる普遍的な理念であり、人類共通の目標です。

 

いまこそ、わたしたち一人ひとりが、「自由と愛の精神」をもって行動することが大切です。

 

自分の命、そして他者の命を守ること。

自分だけでなく、家族・友人の命、そして、多くの人々の命を守りましょう。

 

そのために、まずは「3つの密(密閉空間、密集場所、密接場面)」を避けてください。

 

さらに大事なことがあります。

 

それは、不要不急の外出を控えることです。

新型コロナウイルスの怖いところは、無症状や軽症の人が出歩き、2次感染、3次感染と広がっていくことです。

 

まず皆さん自身が「感染しない」、そして「感染させない」。

 

皆さんの我慢と工夫が、多くの人の命を守ることになります。

決して大げさな話ではありません。目の前の現実の話です。 

大学生としての自覚と責任を持って行動してほしいと思います。

 

大学では、新型コロナウイルスの影響のため、これまでと異なる授業形態となっています。

特に新入生の皆さんには戸惑いも多いと思いますが、こんな時だからこそ前向きに学ぶ姿勢を持ちましょう。

 

一日も早く、世界が、日本が日常を取り戻し、皆さんと会える日を心から楽しみにしています。
皆で頑張りましょう!


 

2020年4月7日

桃山学院大学長
牧野 丹奈子

ニュース一覧

過去のお知らせ